「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
ニンジンのおはなし
先日、秋野菜の種まきをしました。

写真の左奥の方に手押し式の黄色い播種機が小さく写っています。こんなのでコロコロ押してニンジンとかダイコンとかの種を撒きます。
d0262262_2243242.jpg

ニンジンは手前に数列、草のようなものが生えていますが、それがニンジンです。
これは7月20日に撒きました。本当は、写真の畑、全体に種を撒いたのですが、種の保存状態が良くなかったのでしょうか。2年前に自家採種したものは、全然、芽が出ませんでした。瓶詰めにして乾燥材もいれたのですが。原因は不明です。

この種は、私の師匠が30年以上自家採種してきた師匠の分身のような大事な大事な種を譲っていただいて、3年間私がとってきた種だったのです。苦みやえぐみは全くなく、すっきりとして、それでいて濃厚な甘味がある。どんなニンジン嫌いな人でも「え?これニンジン?おいしい!」と言ってしまうほど、なんとも言えないおいしいニンジンでした。

でも、私が繋いできたきた種は絶えてしまいました。少し残っていますが、多分、これを撒いても芽は出ないでしょう。今、数列芽が出ているのは、念のため購入した固定種の品種「黒田五寸」です。
d0262262_22573487.jpg

残念ですが仕方ありません。よく師匠は言っていました。

「本当は他人が作り上げた種じゃ意味がないんだ」

私たちが取り組んでいる自然栽培は、土と種と人(生産者)の三つの要素がうまく調和がとれていないとうまくいかないと言われています。未熟な人間が、土づくりをやっていない畑にいくら良い種を撒いても、うまくはいかないのです。

たとえ偶然うまくいったとしても、毎回うまくいくとは限らない。ゼロから積み上げた経験が、うまくいかない時に乗り越える力になる。

多分、種をもらおうと思えば、もらえると思いますが、それはやらないほうがいいんじゃないかと、なんとなく思います。ゼロから新しい土地で始めた私たちは、種もゼロから積み上げなさい。と言われている気がします。芽を出してくれた、この「黒田五寸」で種を取っていこうと思います。そう蒜山耕藝のニンジンはここから始めます。どんなニンジンになっていくのか楽しみです。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2012-08-26 23:28 | 野良しごと
<< 魚魚さんと。書と。ラーメンと。 一年目 >>