「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
ビールは夢か目標か
9月に入り、私達が住んでいる地域でも稲刈りが始まりました。
今年のような暑い夏やこれから食べものが美味しくなる秋には欠かせないもの


それはずばり、ビールです。


ビールは蒜山耕藝みんなの大好物。
暑い日差しの中での農作業の後に飲むビールは街で飲むのとは違って格別なのですが、実は今年はほとんど飲んでいません。
移住してからというもの不思議と市販のビールを美味しく感じることが少なくなってしまって、、、

でもたまにみんなで美味しい地ビールを飲んだりすると思うんです。

「やっぱりビールつくりたい!いや、つくろうよ!」って。
「自分達で作ったその土地の原材料とその土地にいる菌で本当の地ビールをつくりたい」って。
「大袈裟かもしれないけど単なる嗜好品ではなく、お米や野菜と同じように自分達の思いや価値観を象徴するようなものではないか」って。

実はビールつくりの夢は移住地を探している時から皆で話していました。
蒜山に移住した後、桑原君が持っていたビール麦を去年の秋に蒔きましたが雪の下で越冬できずにあえなく全滅...

米や野菜もまだ満足につくれていないのに当然といえば当然ですね。
物事には順序がありますし、麦の栽培には向いていないと言われる蒜山で自分達が思い描く地ビールつくりは本当に夢物語なのかもしれません。

今集中するべきことはお米と野菜を安定してつくれるようになることです。
蒜山の気候風土の中で、お米や野菜が植物本来の力でいのちを全うできるように自分達の五感を磨き栽培技術を研鑽することです。
蒜山耕藝のお米や野菜を待ってくれている人のためにも全力で取り組むことです。

だけど、だけど、蒜山耕藝の基本スタンスの一つである「自分達が食べるもの、食べたいものをつくる」の具体的な物の中に「ビール」を残しておきたいし、いつか実現できたらと本気で夢見ています。




d0262262_651343.jpg




写真は先日お邪魔したOutsider Brewery(アウトサイダー ブルワリー)のビール。
ここのお話はまたゆっくりと…。



たかや ゆうじ
by hiruzenkougei | 2012-09-08 08:25 | 考えごと
<< 美味しいって本当に幸せなこと 圃場の土壌と農産物で放射性物質測定 >>