「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
新規就農で大事なこと
今回はいつもと趣向を変えて、自然栽培や、有機農法などで新規就農を考えている方、特に会社員や公務員の方がお勤め先を辞めて農業を始める場合、いわゆる脱サラ就農の方に参考になるのでは?というお話をしたいと思います。

d0262262_2042651.jpg


と言いながら、しょっぱなから他のブログの紹介ですが、新規就農を目指す方は、まずは、反田ごぼうで有名な反田さんのブログ「男反田の奮闘記」を一通り、ご覧頂ければと思います。かなりのボリュームですし、農業者でないとよくわからない内容もあるかと思いますが、理解できる部分だけでもいいと思います。

新規就農でかなり成功している方ですし、日々奮闘している現実の姿と、その考え方はとても参考になると思います。

じゃあ、本日はこれで。

というわけにはいかないので、私のお話も少し。

わたくしの新規就農者としてのキャリアは異常なくらい長いです。ポイントは農業者じゃなくて、あくまで”新規就農”です。つまり、万年新人ということ。半人前のまま一旦廃業して、また、就農して、というのをやっているうちに、一般企業だったら中堅社員になれるくらいの期間が過ぎてしまいました。

その間、いろいろな地域、地主さん、一般の農家さん、農業関連のお役所の方々、新規就農希望者、などなど、たくさんの農地や農業に関わる人と交流がありました。その中で、成功した就農者の方々に共通した考え方があることに気づきました。もちろん反田さんも同じような考えがあるようです。それは・・・。

「やらないことを決める」

あれ?ふつうは、なにをやるのかを考えるんじゃないの?と思いがちですが、そもそも農業をやりたいって思っている人たちなので、実は、そんなこと改めて考えなくても、頭の中はやりたいことでいっぱい。
真夏の畑の草のように、放っておいてもどんどん湧き出してきます。

いろいろな野菜をつくりたい。
珍しい西洋野菜や伝統野菜もつくりたい。
定番の野菜でも、変わった品種をたくさんやりたい。
もちろん全部自家採種!!
ブドウやリンゴなど果樹もやりたいし。
お米だって、日本人の食の基本だもの、やらなくちゃ。
牛や豚は難しいけど、養鶏ならできるかな?養蜂もやってみたい。

農業だけだったらまだしも

自然環境を守るNPOも設立したい。
消費者と交流したいので直売。毎週、野菜セットを発送するし体験イベントもやろう!
エネルギーも自給。暖房はもちろん薪ストーブで、炊事もカマドでやりたいな。
ガソリンは使いたくないから菜種栽培&天ぷら廃油を集めてバイオディーゼル!

文章で書くとすごいですが、こんな感じの方、結構多いです。
この例の方は、奥さまとお子様が3人いたのですが、経費と手間ばかりかかってなかなか収入につながらないものが多く、生活を経済的に維持することも、農地を維持管理することもできず、借りている農地を返さざるを得なくなって、地域にも住みにくくなって、廃業となってしまいました。
これは極端な例ですが、農業を継続している方でも、いろいろなことに手を出しすぎて、結局、良いものがなかなかできてこない方は多くいらっしゃいました。

成功している方はやりたいことがあっても「ぐっ!!」とこらえる。そして、今やるべきこと、やった方がいいこと、に集中する。自営業では、やりたいことをやるのよりも、やりたいことをこらえる方がずっとつらい。これができるかできないかが、分かれ道のような気がします。

反田さんはその辺が非常に明確です。反田といえばゴボウ。ゴボウといえば反田。というくらい知名度も品質も最高です。そして、あの反田さんが作るモノだったら間違いなし!ということで何を栽培しても、即完売という状況です。でも、調子にのって、どんどん手を拡げるということはしません。ブログではよく「グッ!!」とこらえる姿が出てきます。この話は反田さんとはしたことがないのですが共感頂けることは確信しています。

成功とはどういうことなのか?定義自体が難しいとは思いますが、自給目的ではなく、農を業(なりわい)とすること、買い手により良い食糧を提供することを目的とするならば、今日のお話はとても重要なことではないか。と私は思っています。
自戒を込めて。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2012-09-26 22:17 | 考えごと
<< 稲の収穫 野菜のつながり >>