「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
稲の収穫
出荷用の稲の収穫が9月27日に終わりました。
待ちに待ったお米です。千葉を出て1年と半年。2年ぶりのお米の収穫。感無量です。
d0262262_16272732.jpg

写真はササニシキ。この圃場はしっかり登熟した実がたくさんついています。
株も太くて背丈も程よく、強い風が収穫前にずいぶん吹いたのですが、倒伏もまったくありません。高谷君が頑張ってくれた初期の除草と水管理がうまくいったのでしょう。草もほとんどありません。病気もなく理想の姿です。もう少し収量がほしいですが、それは株数の問題。来年はもう少し密植にしてみようかと思います。

もちろん苦戦した圃場もあります。イモチ病というカビの一種に侵されてしまって、十分に登熟できなくなって収量が低下したり、粒が白濁したりして食味が低下してしまった圃場もありました。
でも、それも我々の現実の姿。しっかりと向き合って来年に向けていろいろ準備を進めていきたいと思います。

今年のお米作りは、その作業方針、方法、タイミング。ほとんどすべての工程の仕切りを高谷君がやりました。私は自家用のみ1反ほどの稲作を3年、彼は自然農での手植え手刈りの稲作を少しやったくらいの経験。
たくさんの諸先輩方のアドバイスを都度伺いながら、本当に悩んで悩んで取り組んでいる様子が傍目から窺えました。私は彼の決定したことを作業するだけ。もちろん一緒に考えることはしましたが、最終的には彼の決定を優先しました。私たち二世帯分の収入の大部分がこの稲作にかかっています。
多分、眠れない夜もあったことでしょう。胃が痛いこともあったと思います。でも、ここまで今年できたことは自信になったと思います。アドバイスを頂いた先輩のみなさん。宮城の浦山さん、秋田の齋藤さん、兵庫の畑さん、島根の反田さん、山口の天神自然農園の石田さん、そして地元で物心両面から支援いただいた三船さん、本当にありがとうござました。

d0262262_19205045.jpg

コンバインで収穫したあと、軽トラに積んで、高谷君の待つ、乾燥機のある三船さんのライスセンターに持っていきます。
d0262262_19262575.jpg

乾燥、籾摺り、色彩選別を経て米袋に入ります。
d0262262_1928491.jpg

皆さんにお届けできるのも、もうすぐです。ただいま販売準備を急ピッチで進めています。ブログで近いうちにご案内しますので、もうちょっとお待ちくださいね。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2012-09-29 19:36 | 野良しごと
<< パン屋 タルマーリー 新規就農で大事なこと >>