「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
サツマイモの収穫
今日は嬉しい収穫が2つもありました。



d0262262_2217727.jpg



1つ目は、はさ掛けしていたイセヒカリの脱穀。



d0262262_22173957.jpg



2つ目は、サツマイモの収穫です。



最近はお米の話が続いていたので今日はサツマイモの収穫のご報告を。


秋も深まり寒くなってくると食べたくなるサツマイモ。
私たちがいた千葉でも盛んに作られて馴染みがあります。
自然栽培でつくるとべたつかない透き通った甘さがとても美味しく、土づくりにも大活躍するサツマイモですが、蒜山は涼しいので向いてないかなと思っていました。


しかし、今年の春に貸して頂くことになった畑の土を見た時、
「これはサツマイモでしょう」
となり、種芋が無いので購入苗でつくることにしました。

この畑、15〜20年前までは大根をつくっていたらしいのですが、その後はずっと草が生えないようにトラクターで起こしていただけでした。
見て触って良い感じだと思ったのですが、人の手が入っているとはいえど耕しているだけで何も植えないので力が落ちてるかもと心配していました。

実際、サツマイモを植えても育ちは遅く、近くに植えたトマトは全く育たないので期待はしてなかったのですが、今日掘ってみたらすごくキレイなサツマイモが出てきたではないですか。

ベニアズマも鳴門金時もどちらもキレイ。
おそらく肥料分がほとんどないので暴れることもなく、虫に肌を荒らされることもなく、とても素直なサツマイモです。


掘った直後はあまり甘くないのでこれから少し保管しておきますが寒さに弱いサツマイモが風邪を引かないように毛布でグルグル巻きにしてあげないといけません。
来週始めは2℃くらいまで落ち込む予想なので緊張します。


本当だったら種芋を保管して春に苗をつくるのですが、今のところサツマイモを保管できる温度帯の場所を私たちが用意することができません。千葉では地面に穴を掘って籾殻を入れて保管していたのですが、この地域では冷え込みが厳しくてその方法ではダメみたいです。
昔は囲炉裏の下に保管していたらしいのですが。。


ということで今年限定かもしれません。
でもこうやって素晴らしいサツマイモを見るとなんとかしてつくりたいと思うのですが…今後の課題です。


今回収穫したサツマイモ、食べ頃になったら販売のお知らせをしますのでもうしばらくお待ちくださいね。



d0262262_22212168.jpg




高谷裕治
by hiruzenkougei | 2012-10-26 22:37 | 野良しごと
<< 家庭菜園で自然栽培のすゝめ お米の紹介 <コシヒカリ> >>