「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
お米の紹介 <ヒメノモチ>
「お餅」

実は私、お餅が大好きなのです。
家の中で過ごしている時、お餅が一度視界に入ったら気になってしまって我慢できず食べてしまう。
雪が降り出したら毎日でも食べれる。
それくらい好きなのです。

ということで、
d0262262_2095952.jpg

蒜山耕藝の新米「ヒメノモチ」を蒸かしました。

「ヒメノモチ」というとお隣の新庄村の特産品として有名ですが、寒暖差が大きく冷たくて綺麗な水は蒜山も同じです。
近所の人も「蒜山は良いモチができるよ」と口を揃え、その食べる量はカルチャーショックを受けるほどでした。
つくるにしても、食べるにしても、気候風土に合っているのでしょう。


蒸かしたお餅は家庭用の電動餅搗き機で搗いてから
d0262262_202255.jpg

優しく手でまるめて完成です。
右側の桑原くんはとても上手。
左側の私は丸くできず。。。

あんこと合わせて食べようと思ってのに我慢できずそのまま口に入れたら

「うわ、美味しい...」

と滑らかな食感と何よりも香りの良さに驚きました。
もち米はうるち米ほど食べないので正直違いはあるのかなと思っていたのですが、

もち米にも違いはあるんですね!

中にあんこを少し入れても(←少量がコツ)美味しいし、
個人的には醤油(今日は蔵の雫)を垂らして食べるのが絶品でした。

実は私、家で自分でお餅をついたことは無くて二の足を踏んでいたのですが実際やってみると意外と簡単で楽しかったです。
これからは餅をつくる機会が増えそうです。

もし餅搗き機が無くても、おはぎ、おこわ、お赤飯などにしてもとても美味しいと思います。


蒜山耕藝のオススメの「ヒメノモチ」


ぜひ一度お試しください!


高谷 裕治
by hiruzenkougei | 2012-10-31 20:57 | お米
<< 自然栽培サツマイモをお届けします。 家庭菜園で自然栽培のすゝめ >>