「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
玄米もちと分搗きもち
★★玄米もち、分搗きもち共に完売となりました。たくさんのご注文を頂き、本当にありがとうございました★★




待ちに待ったお餅がやっと搗き上がりました!!

今回は「玄米もち」と5分搗きのもち米からつくった「分搗きもち」のご案内です。

d0262262_2144478.jpg

左の2つが玄米もちで右の2つが分搗きもちです。

毎回搗き上がったお餅を食べてから知ったことですが、お餅もとても繊細な加工品なんですね。
気温や水温といった気象条件と浸水加減や蒸し加減などの違いでお餅の味が変わるのを実感しました。

今回の玄米もちは前回よりも柔らかめに仕上がりました。
前回より水分量が増えて、よく搗けた感じです。
杵で浸かれた分つぶつぶ感が少なくなり、その分コシが出ました。

サクサク感のある玄米餅も美味しいけど、柔らかい玄米餅も美味しい!!


そして今回初登場の分搗きもちです。

玄米もちの香りの良さと白餅のキメの細かさ。
どちらも捨てがたかったので玄米と白米の真ん中の5分搗きで搗いてみました。

見た目は玄米餅に近いですが、焼いて膨らんでくると白餅のようにツルツルの肌になってきます。
口に入れた時に舌で感じる滑らかさは白餅のようだけど鼻を通る香りは玄米もち。

五分搗きのイメージどおりの味になりました。
ついつい食べ過ぎてしまいそうです。


d0262262_22215466.jpg



さて今回のお餅ですが玄米もちと分搗きもち各40袋づつの販売となります。

また、賞味期限は未開封で3月31日までとなりますが、商品到着後は温度変化の少ない冷蔵庫での保存をおすすめします。搗きたてを自然乾燥し、その後袋詰めをしているため、完全な真空状態になっておりません。温度変化があると袋の中に水滴が発生し、カビの原因となりますのでご注意いただければと思います。いずれにしましても、開封後はなるべく早くお召し上がりいただくようお願いいたします。




<価格>
○玄米もち 6個入り(約350g) 600円(税抜き)
○分搗きもち 6個入り(約350g) 600円 (税抜き)



<送料について>
クロネコヤマト便でお届けします。

●関西、中部、中国、四国、九州 … 一律500円
●関東、北陸、信越、東北 … 一律700円
●北海道、沖縄 … 一律1.000円



<お支払いについて>
商品到着後、ゆうちょ銀行へのお振込をお願いしております。
尚、はじめて蒜山耕藝をご利用のお客さまは、誠に勝手ながらお届け前のお振込をお願いしております。返信FAXまたはメールにて口座をご案内させて頂きます。



<ご注文の前に>
蒜山耕藝のもち米は斑点米(黒い点等)が一般のお米に比べて多く混ざっています。
私どもの力不足で、判別する機械をまだ持っていないことが原因です。
そのため、おもちにも黒い点が入ってしまっています。
カビではございませんので、予めご了承頂ければと思います。




お申し込みはFAX(0867-45-7145)またはemail( info@hiruzenkougei.com )にて。
下のフォームをご利用ください。


---------------------------------------------------------------------------

< 蒜山耕藝 丸もち > 玄米:600円(税抜き) 分搗きもち:600円(税抜き)

お名前 :
郵便番号:〒
ご住所 :
お電話 :
 mail :
 数量 :  玄米      袋   、  分搗きもち     袋
お届け時間帯:特になし、午前中、12-14、14-16、16-18、18-20、20-21
 備考 :


--------------------------------------------------------------------------

最近お餅の新しい食べ方にハマっています。

以前「トマトが繋げてくれたこと」でご紹介したイタリア家庭料理サロン a tavola!のゆかりさんに教えて頂いた焼いた、玄米餅とオリーブオイル、醤油の組み合わせ。
d0262262_21212566.jpg

オリーブオイルは私たちが愛して止まないオルチョサンニータ
病みつき注意です。



高谷裕治




★蒜山耕藝のFacebookページも日々更新しています。
by hiruzenkougei | 2013-02-23 21:34 | 収穫のお便り
<< 「藁塚放浪記」を読んで 「住まい」から学んだこと >>