「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
今年の稲の苗つくり
徐々に動き出していた2年目の米つくり。
先週から本格的に動きだしました。

田植えは6月の第2週あたりから始める予定ですが、その時に植える苗を今から育てていきます。

農作物は「苗半作」とか「苗8作」とよく言われます。
良い苗をいかにしてつくるか。
自分の中でも最大の課題で1年中その方法を考えているほどです。

今年の育苗もまだまだ理想的なやり方ではありませんが、その風景をすこしご紹介します。

苗を育てる場所です。
d0262262_661764.jpg

場所によって高低差があると後で大変困るのでなるだけ平らにします。
試行錯誤しながらなのでジャックの手も借りて丸3日くらいかかりました。

場所が仕上がったら約一ヶ月の間山の清水の中にあった種籾を取り出し、25度前後のお湯(温泉)に芽が数ミリ出るまで漬けておきます。
d0262262_67124.jpg


芽が出たらいよいよ種蒔きです。

今年もいつもお世話になっているパパラギ農園さんの施設をお借りしました。
d0262262_6105667.jpg


今年使用する土は購入した無肥料培土(蒜山の山土を焼いたもの)と自分たちでとってきた田んぼの土のミックスです。
d0262262_6185083.jpg

何の土を使うか。

一番課題を残すところであり、その分不安の種にもなるところです。
雑草の種や病原菌の混入、ポット苗や播種機・田植機との相性など心配な点は多いですが、やった以上は稲の力を信じて前向きに進んでいくしかありません。

播種が終わったら、いよいよ苗代に並べます。
d0262262_635105.jpg

田植えの時に苗箱を剥がしやすいようにネットを敷いた上に苗箱を並べ、最後に芽が出てくるまで保温と保湿をするシートをかけて完了。
まだまだ良い方法を見いだせていないので体力的にしんどい作業でこれも来年以降の課題です。

今週の金曜に今回の倍の苗箱を並べて苗つくりは一区切り。

これからは田んぼの準備が本格的に始まりますが、トラクターで入る前にスコップを持って力仕事の日々が続きそうです。

d0262262_71186.jpg


高谷裕治
by hiruzenkougei | 2013-04-24 07:15 | 野良しごと
<< Pouponnière 〜 選... C'est la vie >>