「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
Pouponnière 〜 選ぶということ
d0262262_962411.jpg


今が見頃、菜の花畑の風景。


数日前になんとか今年作付け分の米の苗箱をすべて並べ終え、少しだけほっとしています。


d0262262_981330.jpg


この苗代の一部は、ジャックさんと私で溝をつくり土を運び出してつくりました。
結講な重労働にも関わらず、淡々と、いえ、むしろ楽しみながら作業をしてくれた彼の笑顔を思い出します。


私は日本語しか話せないので(笑)、彼との会話はすべてシンプルな日本語でした。

「ここはお米の赤ちゃんを育てる場所です」
と説明すると、辞書を開きながら
「Pouponnière ですね。」と。
フランス語で「乳児院」という意味だそうです。

なので、私たちはこの苗代を「プーポニエール」と呼んでいます。
ジャックさんは日本の風景をとても愛し、このプーポニエールに水が入り、苗が並ぶことをとても楽しみにしてくれていました。



ジャックさん、ナタリアさんと過ごした1週間で、私の心にたくさんの変化がありました。
変化というよりも、どんどんクリアになっていったのです。



d0262262_9163046.jpg


そして思ったこと。
人間は自分というフィルターを通して物事を見て、感じて、受けとめている。
そのフィルターをクリアにすることで、どんなに世界を美しく感じられる事か。


フィルターを通さない、ありのままの世界が神様(や自然と呼んでいる大いなる存在)の世界だとしたら、それを見ているのは、もしかしたら生まれたての赤ちゃんの頃だけかもしれません。
自分というフィルターを通して世界を見るということは、様々な選択を重ねるということでもあります。


ジャックさんにあるとき「偶然ですね。」と言ったことがありました。
するとジャックさんは「私は偶然や運命は無いと思います。全て自分で選んでいるのです。」と語ってくれました。
ジャックさんが言っていた「自分で選ぶ」ということは、短絡的に「自分が全て選んで生きている」というような傲慢なことではなく、「自然に生かされている上で、どのように感じるか、どのように生きるかを選んでいる」ということなのではないかと、私は解釈しました。


d0262262_929220.jpg



物事には全ていい面と悪い面があります。プラスとマイナス。陰と陽。
まっすぐにありのままを受け止めること。その先にある必然。


そんなことを考えながらプーポニエールに苗箱を並べていきました。


今朝、水管理に行ってきた裕治さんが「少しだけ芽が出ていたよ。」と教えてくれました。




高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-04-30 09:37 | 考えごと
<< 田んぼのある風景 今年の稲の苗つくり >>