「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
田んぼのある風景
d0262262_10172632.jpg

我が家の庭から、パチリ。

GWも最終日。
ご近所さんの田んぼはどんどん田植えが終わっています。


私たちは今苗の芽出しをしているので、ほとんどの圃場の田植えは6月に入ってから。
少し先になりますが、こうして田んぼに水が入り、苗がちょこんと浸かっている風景を目の前にすると、心に響くものがあります。


d0262262_1024037.jpg


「美しいなぁ。」


田んぼは自然と人のちょうど真ん中にある、と感じるのです。
畑はもう少しだけ自然に近いかな、という感覚。

人が耕し、水をひき、たくさん手をかけて稲を作るための「田んぼ」をつくり、その姿がこんなに美しいということ。
なんだかとても嬉しくなりませんか?
人と自然が仲良く手をつなげているような気がして。
そこから生まれる恵み、自然からのギフトが美味しい「お米」です。


この土地の田植えはとても明るく賑やかです。
市外や県外からお子さんやお孫さんが駆けつけ、家族総出でみんなで田植えを行います。
その光景は、本当に幸せそのもの、地域全体が嬉しさに満ち満ちていると感じます。

田んぼは家族の真ん中でもあります。


d0262262_10333366.jpg

今日、私たちは一番はじめに田植えをする田んぼの荒起こしをしています。


d0262262_10352533.jpg

ここはブログ記事の「内なる矛盾」でご報告した、慣行栽培を行う田んぼです。
ここの苗は自分たちで育苗したものではなく、農協からの購入苗なので、田植えの時期も少し早まります。

日当りも良く、水も潤沢で、通る風も気持ち良い。
この田んぼにくると、「ああ、ここに自分たちでつくった苗を植え、自然栽培でお米をつくってみたいなぁ」と何度も思ってしまいます。

いつか叶えたい夢のひとつ。

今ここで慣行栽培を行うことは、そのための一歩だと信じて、できることを精一杯がんばるつもりです。

この土地で自然栽培の美味しいお米をつくり続けること。
その風景を美しく保つこと。
そして私たちが本当の意味で豊かに暮らしていくこと。

それを淡々と続けていれば、いつの日か必ず叶う夢だと思っています。


d0262262_10485022.jpg




高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-05-06 11:03 | 蒜山の風景
<< 自分への誓い Pouponnière 〜 選... >>