「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
むぎゆ
d0262262_22485723.jpg


むぎゆ、麦湯、ご存知ですか?

暑い夏の日にごくっと飲みたい「麦茶」のことです。



d0262262_22515026.jpg


先日収穫した大麦。
桑さんがブログでも紹介してくれましたが、私たちはこの大麦で麦茶をつくりました。

さて、どうやって業者さんを探したらいいのだろう。
そんなときに相談に乗って下さったのがCOLTRADAの道子さんです。
自然栽培の素材を使った様々な加工品を企画製造販売されていた経験をお持ちで、蒜山耕藝にとって本当に頼りになるアドバイスをたくさん頂いています。

道子さんが紹介してくださったあるサイトを読み進めていると、とても気になる記述が。

「江戸時代の末期になると、麦茶は町人衆の気軽な飲み物、お茶代わりとして商品化されました。現在の喫茶店のような「麦湯店」なるものが出て、大いに繁盛していたようです。人々は縁台に座って麦茶を楽しみ、会話に花を咲かせたことでしょう。」

なんて素敵!麦湯店!

蒜山耕藝の麦湯をつくりたい!



d0262262_2381422.jpg


そんな想いを胸に辿り着いたのが、倉敷にある中川食品さん。
私たちのようなとても少ない注文でも親切に対応してくださる業者さんに出会うことができました。
「浅煎り」の麦茶をつくりたいという注文にも細やかに対応して下さり、本当に感謝しております。



d0262262_2384987.jpg



今、試作の麦茶を焙煎して頂いています。どんな仕上がりになるのか、うー、楽しみ!



試作の試作に伺ったときに「麦湯をつくりたいんです」というお話をすると…
見せてくれたのが1枚目の写真の銅板。「むぎゆ」の文字。
なんだか運命を感じてしまいました。



高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-07-26 23:20 | 最後の晩餐
<< 今年のトウモロコシ 小麦の収穫 >>