「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
最新鋭機、導入
今日は、蒜山耕藝らしからぬ話題を。

本日、最新鋭機が納車されました。

「じゃじゃーん」

d0262262_17505289.jpg


なんか、農機具メーカーのカタログ写真のようです。
これは「汎用コンバイン」というものです。
みなさん、おなじみの稲を刈るコンバインとは、だいぶ違いますね。

「汎用」と言うだけあって、部品を付け替えるだけで、いろんなものが収穫できます。
大豆、小豆、ナタネ、エゴマ、もちろん、刈る気になれば、稲や麦も刈れます。

蒜山耕藝の農機具は「借りるか、貰うか、中古の安いもの」しかないのですが、今回は、岡山県の有機栽培第一人者「パパラギ農園」三船さんと、近所の若い農業者Oくんとの三軒で、新車を共同リース購入。

共同といっても、設立間もない「蒜山耕藝」では金融業界には全く信用力がないので、ほとんど、三船さんの信用力におんぶにだっこ状態での導入です。

まずは、三船さんの大豆畑で試運転。
d0262262_1835598.jpg


大豆が株ごと、どんどん、コンバインに吸い込まれていきます。10アールほど(約300坪)の畑が15分程度で刈れてしまいました。

このマシンの導入で、蒜山耕藝の栽培の幅が、ずいぶん大きく拡がります。
蒜山耕藝では、今後、主力品目である米をはじめ、皆さんの食卓の基礎となる穀物、豆類、ナタネの栽培に力を入れていこうと考えています。

この夏、皆さんに好評いただいた、ナスやトマトなどの果菜類、そして、これからの季節美味しくなる、葉野菜、根菜類も、これからも栽培していきます。それと同時に、私たちの食卓に欠かせない調味料である醤油や味噌、そして油脂の原料に力を入れていきます。

加工品の原料となると、自然栽培とはいえ、最終製品の価格を考えると、野菜のような単価を設定することができません。

例えばですが、手作業で収穫した大豆で味噌を作るとすると、それで経営を成り立たせるためには、1パック2,000円というような価格になってしまいます。
また、手作業で穀物などを収穫しても、何百キロも収穫することなどできません。が、加工品によっては業者さんの製造単位がトン単位というものもあります。

自然のエネルギーをたっぷり受けて育った原料を使って、職人さんが丹精込めて製造してくださる調味料や、加工品が食べたい!!自然栽培のお米や野菜との相性もバッチリのはずです。

「食べたいものをつくる」という蒜山耕藝のコンセプトのもと、今年は、さまざまな製品を試作することができました。製造の目処がたってきた製品もあります。しかし、どうしても素材の原価のところで、つまづいてしまうものもあります。

自給用であればそれでもいいのでしょう。しかしながら「食卓の豊かさをみなさんと共有したい」という私たちの目標からは道半ばでしかありません。

機械化できるところはなるべくして、経費と作業時間を短縮し、栽培面積を増やし、全体の収穫量を増やし、生産単価をなるべく下げて、皆さまになんとか買っていただける価格で製品化したいと思っています。

私たちは、地域のみなさま、行政の支援、そして食べて下さる方々の応援のおかげで農業で法人化することができ、様々な取り組みをする環境が整い始めています。今回の汎用コンバインもその結果の一つです。その環境を生かして、自然栽培や、有機栽培では経営的、コスト的に難しいと言われることに挑戦していきたいです。

食卓の豊かさは、どれくらいその地域のもので自給できるか?に大きく左右されるかと思います。いつの日か、地域自給の一つのモデルケースに蒜山耕藝がなれればと、思っています。

今日も話が脱線して、長くなってしまいました。最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

新米、まだまだ、絶賛販売中です。よろしくお願いします。

桑原広樹


<新米販売のお知らせ>
蒜山耕藝の新米、販売しております。詳しくはこちらを! →
ササニシキの年間購入について →

<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2013-10-31 19:07 | できごと
<< 2013年 新米のお知らせ 麦もやっと、、、 >>