「ほっ」と。キャンペーン
「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
くど日記 〜 「土」と「食卓」と「蒜山耕藝」
d0262262_1857406.jpg

夜のうちに降った雪。朝日の中でこんな風にキラキラ輝いています。
今年は3月に入ってからも雪がよく降ります。
春が遅く、農作業はなかなかスタートできませんが、そのかわりに「くどづくり」が着実に進んでいます。


諸事情により2階の部屋を急ピッチで仕上げています!
今日は床はり。
地元の材木屋さんで無垢の杉板を用意して頂きました。


d0262262_1944821.jpg


d0262262_195613.jpg


できるところはなるべく自分たちの手を動かしてつくること。
これも「くど」の大切なコンセプトです。


d0262262_19658.jpg




先日、くどの設計をお願いしている木工房ようびの大島さん夫妻、蒜山耕藝のデザインすべてをお願いしているDesign studio SYUの前崎さんと「くど」会議を行いました。


みなさんの力を借りて、「くど」の輪郭がよりハッキリとしてきました。

「土」と「食卓」と「蒜山耕藝」。

あの建物の中でふんわりと立ち上る湯気や、炊きたてのごはんの匂い。
畑からつづく食卓で、お皿にのぼる野菜たち。
珈琲豆をミルで砕く音。
遠くで暮らす誰かのもとへ梱包する作物。
寄り添う手紙。
「美味しいね」の笑い声。

ハッキリと感じられるようになってきました。



d0262262_19413086.jpg


床をはり終わると、建物が生き生きと笑っているのを感じました。
喜んでくれている!


今はまだがらんとした空間ですが、これからここに集まるであろうあれこれを思い、胸がいっぱいに。
どんどん「くど」に命が吹き込まれてゆきます。


高谷絵里香



<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2014-03-15 19:49 | 蒜山の風景
<< 奥出雲牧場へ 遠くて近い雪解け >>