「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
奥出雲牧場へ
d0262262_2124944.jpg


蒜山でも見つけました。ふきのとう。
昨日の雪でまた埋もれてしまいましたが、少しずつ、着実に、春が近づいています。


冬は雪で閉ざされる蒜山はオンオフがとてもハッキリしています。
農閑期である冬の楽しみのひとつは会いたい人に会いに行くこと。
今週も素敵な出会いがたくさん。


d0262262_21354337.jpg


タルマーリーのカフェで頂いてその美味しさと溢れる生命力にびっくりした、奥出雲牧場の牛乳。
イル・リコッターロの竹内くん夫妻が奥出雲牧場の成瀬さんに会いに行くと聞き、私も行きたい!と同行させて頂きました。

小雨の降る中牧場を案内して頂きました。
牧草地とその後ろの山。全貌を見渡す事ができない位広い牧場でのびのび暮らしている牛たち。
その穏やかな表情としっかりとした体つきで、どんなに健やかに暮らしているのかが伝わってきます。

成瀬さんにいろいろなお話を伺ったのですが、一番印象に残ったのが「農地をつくるのには時間がかかる」ということ。
酪農家である成瀬さんからこの言葉が出てくるということに驚き、とても感銘を受けました。
成瀬さんはいかに牛たちが健やかに暮らしているかということを最優先にされています。
牛が食べる牧草も肥料や農薬を使わず、そして購入した種を蒔くこともせず、その土地にある草を移植して増やしていくのです。
牧草地を自然に広げていくために、長い長い年月をかけて牧場を作り上げていらっしゃいます。

成瀬さんのお話を伺いながら、ついつい結果を早く求めてしまいがちな自分に気がつきました。


こうしたい、ああしたい、ではなく、自然に沿って農を営むには今どうするべきか。


春を前にとても大切なメッセージをいただきました。



高谷絵里香



<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2014-03-22 21:24 | 藝のつながり
<< 蔵の解体ワークショップに参加し... くど日記 〜 「土」と「食卓」... >>