「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
ジャガイモの植え付け
稲や夏野菜の育苗と同時に、ジャガイモの播種もやっております。
農家にとって、この時期はいろいろな仕込み。つまり、種まきや育苗、田んぼや畑おこしなどの作業が目白押し。

次から次へとやってきます。先月まで雪の中でのんびりしていただけに、なかなか、この忙しさに心と体がついてこない今日このごろです。
d0262262_22532928.jpg

ジャガイモの栽培ですが、ばっちり、きっちりビニールマルチを張っていきます。この畑は、乾きやすくサラサラで保水能力があまりないので、保湿のために黒マルチを使っています。
d0262262_2311499.jpg


今年の蒜山耕藝は、イモにもう一度、挑戦します。4月のジャガイモの植え付けに始まり、5月に入ったら、サトイモの種。そして、5月中旬からはサツマイモの苗を植えます。どれも絶品なのです。

でも、昨年はサトイモ、サツマイモは営農作物としては断念しました。寒さに弱いサトイモ、サツマイモは収穫後の貯蔵が寒冷地において難しく、特に種イモの貯蔵は困難を極めます。本来は寒冷地ではあまり栽培に向かない作目なのかもしれません。

ですが「食べたいものをつくる」がモットーの蒜山耕藝。2年前に食べたサツマイモとサトイモの美味しさを忘れることができませんでした。また、一昨年、購入していただいた方々から「今年はサツマイモ、サトイモないの?」という問い合わせも多数いただきました。

ねっとりとしていて、キメの細かい食感と旨みたっぷりのヌメリがたまらないサトイモ。
d0262262_2361445.jpg

(2012年冬:撮影)

収穫後、二ヶ月ほど熟成させて、じーっくりとストーブの上で火を通したサツマイモの甘さ。
d0262262_23722100.jpg

(2012年秋:撮影)
ぜひとも皆さんに召し上がっていただきたい。貯蔵のことはさておき、とにかくもう一度作ってみよう!なにより、自分たちが食べたいのです。うまくいったら皆さんにご案内できると思います。

保存できるので、できれば、キロ単位で箱ごと購入していただけるようにしたいです。送料も割安になりますし、いろいろな調理法で食べて頂きたいです。

イモ類は千葉の時から得意としていた品目です。蒜山に来てから、イモ類がちょっと不調ですが、初心に帰って、気合を入れて頑張りたいと思います。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2014-04-27 23:12 | 野良しごと
<< 5月を迎えて 2014年の苗づくり<実践編> >>