「ほっ」と。キャンペーン
「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:できごと( 7 )
自然栽培普及会に参加して
3月26、27日。

まだ少し雪が残っている蒜山から車で3時間半を走り、瀬戸内海に浮かぶ広島県のある島に行ってきました。
d0262262_2115584.jpg

青い空と青い海。太陽の光を浴びるレモンや甘夏。
半袖でも十分暖かい蒜山とは正反対のようなところでバカンスを、いやいや、自然栽培の勉強をしてきました。

全国自然栽培普及会が中国・四国では初めて開催されました。
私達の師匠やたくさんの仲間達との再会も楽しみの一つではありますが、最大の目的は全国で日々積み上げられていることを通して自分自身を改めて見つめ直すことです。

去年失敗したことがたくさんあって、そのために今年不安に感じていることがたくさんあります。

それは先に進むために与えられた試練。
そこから逃げることなく、力むことなく自然に問いかけていくための心構えを確認するために。



今回の大会のメインは去年の夏に蒜山にも来てくれた道法さんの果樹の選定技術講習です。

植物の生理に逆らうことなく、植物自身の力を引き出す剪定。
この技術の根底にある考え方は果樹だけでなく植物全般に共通していることだと言います。
自分達も去年ナスで試して実感してますが、目の前にたわわに実をつけるその姿は大変美しく、食べた甘夏は今年食べた柑橘の中でもダントツに美味しかったことが何より説得力がありました。

道法さんの講習を踏まえての畑さんの稲作のお話だったからか

「そういうことか!!」

と思えることがありました。

畑さんにはいつもアドバイスを頂いているし講習自体も初めてではなかったのですが。

それで意気揚々な気分で最後の集合写真を撮っている時に、今年の米つくりですでにとんでもない失敗(すごく初歩的なこと)をしていることに気付き、動揺しながらの帰宅となりました。

それについてはまた記事をアップしますが、次は雪が解けて収穫が始まった人参の話になるのでその次ということで。

d0262262_21163945.jpg


高谷裕治
by hiruzenkougei | 2014-03-29 21:26 | できごと
自然栽培の会に行ってきました。
d0262262_12535156.jpg


11月2、3日に淡路島で開催された自然栽培全国普及会の近畿ブロック大会。

難しいと言われている自然栽培でのタマネギの自家採種についても興味がありましたが、千葉にいる時にお世話になった方、蒜山に移ってからお世話になっている方が一同に集まる貴重な機会。

新しい土地での農業も2年目となり様々な問題や課題が出て来てる中、もう一度基本に立ち返ってからこれからの未来を描く必要性を感じ、桑原くんと2人で参加してきました。

私たち3人は時期は違いますが高橋博さんという自然栽培農家さんの元で研修を受け、自然栽培の基本となるものを学んできました。
千葉にいる時はすぐに会いにいける距離だったのですが、移住してからお会いしたのは一度だけ。電話で話したのも2、3回程度。

壁に当たったり、不安になるとアドバイスをもらいたくなることもあったけど、
そんな時は、研修中に学んできたことを3人で思い出し、それを実践する。
右も左もわからない土地で経験のなかった稲作を選び、それが形になりつつあるのは研修で学んだのは技術ではなく、いつでも戻れる大きな軸を学んだから。

大会中は時間が無かったのですが、大会終了後に高橋さんとナチュラルハーモニーの河名さんや社員の方と蒜山に向かう車の中でじっくり報告することができました。
面と向かって話していたらきっと涙で声も出なかったので車で良かった。
話に集中して分岐を何度も間違えてしまったけど。

蒜山では恒例の畑の穴掘りも。

いくつかの圃場で穴を掘りましたが分かりやすかったのは人参の生育のバラツキがあるところ。
上だけみて原因を考えてもはっきりとわからないものですが、掘ることではっきりすることも多く今回もそうでした。

生育の良いところ、悪いところ。
同じ畑の中でもはっきりとした違いがありました。

原因が分かったらこれからすることが自ずと決まってきます。
自然栽培を実践していく上で一番大事なのはこういうところにあると思っています。

土の恩を知り、自然の恵みを頂く農業を基本にこれからの未来を描こうとしている今、こうして基本に戻れる良い機会になりました。

「しぜんと、育ったお米」

今、ぱっと目についた蒜山耕藝の米袋にデザイナーの前崎さんがつけれくれた一文です。
さすが前崎さん、ほんとによく理解してくださっています!!


高谷裕治



<新米販売のお知らせ>
蒜山耕藝の新米、販売しております。詳しくはこちらを! →
ササニシキの年間購入について →

<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2013-11-10 12:55 | できごと
最新鋭機、導入
今日は、蒜山耕藝らしからぬ話題を。

本日、最新鋭機が納車されました。

「じゃじゃーん」

d0262262_17505289.jpg


なんか、農機具メーカーのカタログ写真のようです。
これは「汎用コンバイン」というものです。
みなさん、おなじみの稲を刈るコンバインとは、だいぶ違いますね。

「汎用」と言うだけあって、部品を付け替えるだけで、いろんなものが収穫できます。
大豆、小豆、ナタネ、エゴマ、もちろん、刈る気になれば、稲や麦も刈れます。

蒜山耕藝の農機具は「借りるか、貰うか、中古の安いもの」しかないのですが、今回は、岡山県の有機栽培第一人者「パパラギ農園」三船さんと、近所の若い農業者Oくんとの三軒で、新車を共同リース購入。

共同といっても、設立間もない「蒜山耕藝」では金融業界には全く信用力がないので、ほとんど、三船さんの信用力におんぶにだっこ状態での導入です。

まずは、三船さんの大豆畑で試運転。
d0262262_1835598.jpg


大豆が株ごと、どんどん、コンバインに吸い込まれていきます。10アールほど(約300坪)の畑が15分程度で刈れてしまいました。

このマシンの導入で、蒜山耕藝の栽培の幅が、ずいぶん大きく拡がります。
蒜山耕藝では、今後、主力品目である米をはじめ、皆さんの食卓の基礎となる穀物、豆類、ナタネの栽培に力を入れていこうと考えています。

この夏、皆さんに好評いただいた、ナスやトマトなどの果菜類、そして、これからの季節美味しくなる、葉野菜、根菜類も、これからも栽培していきます。それと同時に、私たちの食卓に欠かせない調味料である醤油や味噌、そして油脂の原料に力を入れていきます。

加工品の原料となると、自然栽培とはいえ、最終製品の価格を考えると、野菜のような単価を設定することができません。

例えばですが、手作業で収穫した大豆で味噌を作るとすると、それで経営を成り立たせるためには、1パック2,000円というような価格になってしまいます。
また、手作業で穀物などを収穫しても、何百キロも収穫することなどできません。が、加工品によっては業者さんの製造単位がトン単位というものもあります。

自然のエネルギーをたっぷり受けて育った原料を使って、職人さんが丹精込めて製造してくださる調味料や、加工品が食べたい!!自然栽培のお米や野菜との相性もバッチリのはずです。

「食べたいものをつくる」という蒜山耕藝のコンセプトのもと、今年は、さまざまな製品を試作することができました。製造の目処がたってきた製品もあります。しかし、どうしても素材の原価のところで、つまづいてしまうものもあります。

自給用であればそれでもいいのでしょう。しかしながら「食卓の豊かさをみなさんと共有したい」という私たちの目標からは道半ばでしかありません。

機械化できるところはなるべくして、経費と作業時間を短縮し、栽培面積を増やし、全体の収穫量を増やし、生産単価をなるべく下げて、皆さまになんとか買っていただける価格で製品化したいと思っています。

私たちは、地域のみなさま、行政の支援、そして食べて下さる方々の応援のおかげで農業で法人化することができ、様々な取り組みをする環境が整い始めています。今回の汎用コンバインもその結果の一つです。その環境を生かして、自然栽培や、有機栽培では経営的、コスト的に難しいと言われることに挑戦していきたいです。

食卓の豊かさは、どれくらいその地域のもので自給できるか?に大きく左右されるかと思います。いつの日か、地域自給の一つのモデルケースに蒜山耕藝がなれればと、思っています。

今日も話が脱線して、長くなってしまいました。最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

新米、まだまだ、絶賛販売中です。よろしくお願いします。

桑原広樹


<新米販売のお知らせ>
蒜山耕藝の新米、販売しております。詳しくはこちらを! →
ササニシキの年間購入について →

<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2013-10-31 19:07 | できごと
朝市に出店しました!

12月3日の日曜日、岡山の京橋朝市に出店しました。


d0262262_2142354.jpg





まだまだ暗い時間から、にぎやかな雰囲気にびっくり!




d0262262_21432316.jpg





明るくなってきたころには里芋と人参は早くも完売してしまいました。




岡山県にお住まいの方はよく分かってくださると思うのですが、
私たちが住んでいる蒜山は岡山の最北端。ほとんど鳥取県という場所です。
そこから朝市の開催される岡山の中心地まではかなり距離があるのです。
気分は遠征!
最初はアウェーな雰囲気にドキドキしていましたが、
普段はなかなか直接お顔を見ることのできないお客さまとお会いすることができ、
優しいお言葉を頂いたり、嬉しいお気遣いを頂いたり…。

心が本当にじんわりと暖かくなりました。


こうして直接お顔を拝見しながら言葉を交わしたり、作物を手渡しできること、
私たちにとってかけがえのない時間だと実感することができました。


お立ちより下さったみなさま、本当にありがとうございました!
ひとつひとつのことにひっきりなしに感激していました。


これからもメインの田畑の作業とバランスをとりながら、できる限りイベント出店を続けていきたいと考えています。


お近くまで伺うことがありましたら、ぜひ会いに来て下さい!
作物のこと、ごはんのこと、色んなお話ができましたら、とても嬉しいです。



高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-12-05 22:04 | できごと
トマトピューレ
d0262262_14263665.jpg



雨上がりの空にのぼる太陽。
今朝の近所の景色です。あまりにも美しくてパチリ。



昨日今日とアルバイトがお休みなので、ひたすら加工品を試作しています。




d0262262_14301978.jpg



d0262262_14312971.jpg




B品や傷がついて売り物にできないトマトがこんなにたくさん!



思い立ってトマトピューレを作っています。



a tavola! のゆかりさんがトマトを手でつぶすのが美味しいとおっしゃっていたのを思い出し…ひたすらむぎゅむぎゅ。
これが私の性に合っているようでとっても楽しい!


d0262262_14345049.jpg





イル リコッターロの竹内さんから大慌てで借りてきたムーランで、よく煮込んだトマトを漉します。




d0262262_1439494.jpg






できあがりは…




d0262262_1451473.jpg






途中の味見からは想像できない位、甘くて濃くて、でもさっぱりとした美味しいトマトピューレになりました。



数種類の自然栽培トマトと、ほんの少しの天日湖塩。
それでこんな味が生まれるのですから、自然に育った野菜の底力には本当に感動します。



蒜山耕藝ではこうした加工品も販売できるように少しずつ準備を進めています。
まだまだ長い道のりですが、どうぞお楽しみに!




高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-09-12 14:55 | できごと
「大宮踊」に触れて痺れる
蒜山には国の重要無形文化財指定の「大宮踊」というものがあります

古くから蒜山地方に伝わる盆踊りで

いつから始まったのかは不明
歌詞も不明
踊りはとてもスローで独特

民俗学的なものが好物の自分としては見逃してはならないということで蒜藝メンバ−で行った来ましたけど、いや〜痺れました。

花火が終わると真ん中の舞台にいる男性が歌い始め
d0262262_2211035.jpg

太鼓でとても変則的な調子を打ち
d0262262_22121280.jpg

浴衣を着て踊るというか舞います
d0262262_22134583.jpg

徐々に人も増え、若い人も加わり
d0262262_22155210.jpg

一重だった輪が三重になり
d0262262_22171031.jpg

途中、こんな人や
d0262262_22174165.jpg

こんな人が出てきて、交わります
d0262262_22185966.jpg

心にくる雰囲気で
d0262262_2221084.jpg

痺れました...

いつからなのか
なぜ生まれたのか
なにを言っているのか
踊りは何を表現しているのか

はっきりしたことはよくわからないけど、
今の今まで続いていることだけは紛れもない事実

自然環境が厳しい蒜山という場所において
人々がずっと「してきたこと」について思いを巡らせる

踊る人達を見ながら
昔の人々の暮らしを想像すると
なんだか胸がキュンとなる

大宮踊の奥底にあるものが
あるかどうかさえもわからない

だけど

自分の暮らしや田畑と向きあっていると
ふとそこに近づいているような感覚を覚える瞬間がある

不思議な感覚

自分も踊ってみようとしたけどあまりにもできなかったので
来年は輪の中に入りたい

実家から浴衣と下駄を持ってこよう

たかや ゆうじ
by hiruzenkougei | 2012-08-19 22:46 | できごと
素材の力
先日、大切な仲間でいつもお世話になっているパン屋タルマーリーさんにて、すこし変わった料理教室がありました。



d0262262_2102418.jpg





本物のオリーブオイルやパスタをイタリアから日本に紹介してくれている、
とてもパワフルで素敵な女性朝倉玲子さんのお料理教室です。






d0262262_2104899.jpg





このお皿のお料理の味付けはすべて塩のみ。
その他の調味料といえばオルチョサンニータ(オリーブオイル)とオレガノ、ケッパー。
それぞれ素材の個性がたっぷり引き出されていて、驚く美味しさなんです。




オリーブオイルやパスタの製造工程から、からだに負担の少ない食事について
朝倉さんのイタリアでの経験を通して語って下さいました。
料理のデモンストレーションでは、ハッとすることばかり。
言われてみれば当たり前のことだけれど、自分では気付けないことってたくさんありますね。
一番のヒットは玉ねぎの切り方。
私はいつもなんとなーく繊維にそって切っていたのですが、
朝倉さんから教えて頂いた調理法では繊維を断ち切って薄く切ることが重要だったのです。
理由はその方が表面積が増えてうまみも甘みもたっぷり出てくるから!
これで本当に料理の味が劇的に変化しました。



素材の力をしっかり引き出す料理法。
他にも色んなポイントがあったのですよ。
朝倉さんは全国各地で料理教室を開催されていますので、
ぜひ一度直接お話を伺ってみてください。
いつもの台所が、自分の意識だけでがらりと変化します。





高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-07-04 21:22 | できごと