「ほっ」と。キャンペーン
「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
とうもろこし
d0262262_20275810.jpg


強い日差しと乾いた風が本当に気持ち良い。
蒜山にも夏が来ました。



d0262262_20282935.jpg



そして、蒜山耕藝のとうもろこしも実りの時期を迎えました。



自然栽培の野菜らしく小ぶりな姿ですが、スッキリとした甘さがとても美味しい。
一口に「甘い」と言っても、ベターっとした白砂糖のような甘さではなく、
色んな味わいの甘さのハーモニー。そしてのどごしはスッキリなのです。



d0262262_20352945.jpg



左が蒜山の有機栽培のとうもろこし。
右が蒜山耕藝の自然栽培とうもろこしです。
印象の違いが伝わりますでしょうか。

自然栽培のとうもろこしは小さいながらも粒が揃っていて、透き通るような質感です。
正直、ファーストインパクトでは有機栽培の方が「甘い!」という印象です。
でも「甘い!」だけじゃないのが自然栽培のとうもろこし。
口の中に色んな風味が広がります。飲み込むそのときまで味わい深い。
見た目そのままの味かもしれません。
肥料を与えず、とうもろこし自身の力、自然のスピードでじっくり育ったからこその味わいです。


アルバイト先のご好意で、蒜山でもこのとうもろこしを2日間限定で販売することができました。
LOMA」さん、「IL RICCOTARO」さん、本当にありがとうございました。
そして、お買い上げ頂いた方々に心から感謝申し上げます。
はじめて手に取って頂いたときのこと、一生忘れないと思います。


本当に本当に嬉しかった。




とうもろこし収穫第二弾はお盆前後を予定しています。
ありがたいことにたくさんの予約を頂いているのですが、店頭販売分も収穫できましたらまたブログやFacebook、Twitterで告知させて頂きます。
どうぞよろしくお願いします。





d0262262_213064.jpg










高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-07-31 21:06 | 野良しごと
畑の苦戦から思うこと
近所の方から頂ける野菜。
ちょっと前まではキュウリだけだったけどここ数日はトウモロコシ、ナス、トマトが加わるようになってきました。
7月も終いになって夏野菜が揃うというリズムに今更ながら驚いています。

蒜山耕藝の畑はというと正直言って大苦戦中。
去年の8月に移住してからなので春や夏のリズムがわからないままでの栽培ということもありますが、一番大きな原因は土に対しての認識の甘さでした。

1人ではなく3人で土を見てそして土の歴史を聞いての判断だったのですが、それが甘いものだったと今の畑が教えてくれています。
移住して間もないので焦りもあって楽観的に土や自然のことを捉えてしまったこともあります。

そして、
耕作放棄地だった方が良いとか
草が生えないところは完成してるとか
団粒化した土が多い方が良いとか

土と向かい合うときに判断する項目はいろいろありますが、あくまでもそれは参考程度にしておき、もっと深い部分で考えていかければいけないことを痛感しています。

こんな時は師匠が教えてくれたこと、千葉で学んできたことが頭によぎります。

遠回りしたかもという気持ちが焦りを強くしてしまうけど、冷静に「今」を受け入れようと思えるのは、今までのこと、つまり「過去」を認め受け入れることの重要性を学んできたからだと思います。

土に対しても同じことでした。
また勉強させてもらいました。

そして苦戦している畑ですが、おかげでぼんやりとしか見えていなかったビジョンがクリアにもなってきました。

そのビジョンが無理のあるものか無いものかはまだ分かりませんが、今はそれに向かってやるべきことをやるだけです。
計算通りに物事が進むわけではないし、あとで答え合わせした時に、
あの時のことはこういう意味があったのか〜
と思えればいいかなと思っています。
そのために「今やる」ことが必要ですね。

こんなことを書いてたら明日もやる気になってきました。

明日は午前中蒜山で無農薬で米を作っているほ場の見学ツアーに参加して来ます。



高谷 裕治
by hiruzenkougei | 2012-07-28 18:40 | 考えごと
いのちは一つ
野菜は大きい方がいいのか、小さい方がいいのか。

ナンセンスな問いだとは思いながらも今日はそれを自問しながらの作業となりました。

きっかけは今日収穫したジャガイモがあまりにも小さかったからです。
d0262262_21303497.jpg

見てわかる通り非常に小さいです。
この一株だけでなくすべてがこんな感じでした。
規格にのるようなものは一つもなく普通に出荷はできません。

でもどんなに小さいジャガイモもいのちは一つです
逆にどんなに大きいジャガイモでもいのちは一つです

大きかったり、小さかったり、
重かったり、軽かったり、

いろんな違いはあるけれど、
いのちはみんな一つということと、
いのちの重さに軽いとか重いとかはありません

そんな風に思うと
冒頭に書いたナンセンスな問いは、いのちと直結している農業というものに関わる自分にとって
意味があるような気がするのです。
ましては経済優先の世界から、いのち優先の世界を夢見る自分としては捨て置けないのです。

人間は植物に関わらず他の生きものをいのちを頂いて生きています。
食という行為を通して栄養だけでなくいのちを頂いています。

今回のような小さいジャガイモの場合、小さいいのちを頂くことになります。
逆に、大きなジャガイモだったらいのちの数は少なくて済むかもしれない。

何度も言いますがとてもナンセンスですし、正解を求めてもいません。

ただ、

生きものである食べものをつくる
いのちをつくる

という農業をしている限り、いのちのことを考えることは無駄ではないと思うし、
むしろ考え過ぎ位でも良いのではないかとも思ったりもしてます。

これも一つの考え方です。
ちょっとした壁や厳しい現実に直面するとひねくれたことを考えることが多くなります。
今日はそういう日でした。

ちなみにジャガイモはこんな状況でしたが、カボチャは真逆で豊作の予感です。
売る程できそうです。



高谷 裕治
by hiruzenkougei | 2012-07-24 23:20 | 考えごと
人参を蒔いて思う
待望の雨が降ったので今日は急いで人参の播種をしてきました。
播種のタイミングが遅れてしまい、半分諦めかけていたのですがなんとか蒔けてほっとしています。

今日蒔いたのは黒田五寸人参と桑原君が千葉にいる時に自家採種していた人参。
その自家採種人参は元々は私たちの師匠である農家さんが固定し、ずっと大切に継いできたものです。

研修中は人参を通して大切なことをたくさん学ばせてもらいましたので、
初心に帰らせてくれるものでもあるのでとても思い入れがあります。

私自身は人参をつくるのは初めてなので詳しいことは桑原君に任せますが、
播種作業をしながら感じたのは私の中のキーワードである「藝」でした。

以前ブログで、

「藝」とは植物を栽培すること、食べものをつくること

と書きました。

もちろんそういう意味もあると思うのですが、今回はより「藝術」という意味合です。

種蒔きのタイミングからとても繊細な人参は天気を観察し、自然のリズムに合わせて播種をします。
その後に芽が出てきたら間引きという細かい作業があり、もう少し育てば土寄せをする。
収穫時期になったら選抜をし、種取りの準備をします。
そしてしっかりと充実した種になるまでしっかりと見守る。

そして元は同じ種でもつくる人によって個性が違う。
土の違いだけでなく、人が関与する部分も大きいと思います。
それは栽培技術であったり、センスであったり。

つくるという「藝」に
栽培技術である「術」が加わる

究極の自然素材をつかって人間のセンスもフル活用してつくる

うまく言えないけど、
食べものをつくるということはこういう意味もあるのかなと今日の播種作業の中で感じたこと。

高谷 裕治
by hiruzenkougei | 2012-07-20 22:14 | 考えごと
土づくり
今日は、私たちの「土づくり」についてお話したいと思います。
私たちは自分たちの栽培法を「自然栽培」と言っています。

私たちの「自然栽培」は、農薬、化学肥料はもとより、鶏糞やボカシなど、有機肥料を含む養分補給を目的とした一切の肥料を必要としません。

無肥料栽培、無施肥栽培とも言われることもありますが、私たちがあえてそう言わないのは単に肥料を使わないだけでは、やはり、作物は育たないケースが多いからです。

次の写真は、数年間、放置された畑を今年の春、トラクターで起こして、カボチャの種をすぐに撒いたもの。今秋に土づくりをやるまでに畑が空いてしまうので、余った種を試しにまいてみました。播種から2ヶ月近くになりますが、生長がとまってしまいました。
d0262262_20564078.jpg


下の写真は、昨年まで長年放置されていた畑を近所の有機農家さんが昨年から無肥料で作物を作った後を、今年借り受けて種を撒きました。よく育っていますね。
d0262262_20572733.jpg


両方の畑はともに、長年放置されていていわゆる肥料分は殆どのこっていません。同じ地域、同じ時期に種まきをして、一方が特に日当たりや水はけが悪いとかそういった悪条件でもありませんが、このような差となっています。おそらく、前者の写真のカボチャはこのままあまり育たず枯れてしまうと思います。

無肥料で育つといっても、それは、自然のエネルギーをうまく吸収できる環境が整っている場合に可能となるのであって、下のカボチャはそういった環境になっていたと思います。そのように環境を整えるのが、私たちが取り組む土づくりです。そういった環境でよく育った野菜、お米が、人間にとっても、おいしく、体に良い食べ物だと私たちは考えています。

一般に「土づくり」というと、野菜の種を撒く前に、元肥とよばれる肥料を土に混ぜたり、酸性度を調整するために石灰を入れて中和させたりするわけですが、私たちの「土づくり」は、そういった資材を使いません。数年をかけて、植物の根を使って固い土を砕き、有機質の豊富な状態にして、土の団粒化を進めます。

前回のブログでライ麦の収穫の様子を紹介させていただきましたが、麦類の栽培も、収穫が目的なのですが、麦類の深く、広く伸びる根で土づくりをするのがもう一つの大きな目的となっています。ライ麦を収穫した後の土は、柔らかく、しっとりしていて、野菜たちがよくそだってくれそうな土に変化しつつありました。

私たちの取り組みは今年の春始まったばかりです。
まず、作物を育てる前に、土づくりから。
気の長い取り組みとなりますが、年々進化する土の様子を、作物を通じて見守っていただければと思います。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2012-07-15 00:03 | 考えごと
ライ麦
d0262262_216143.jpg



7月10日火曜日。
茶色に色づいたライ麦を収穫しました。
麦の様子と天気の様子を見ながら、いつにしようか頭を悩ませていましたが、やっとやっとその日が来ました。






d0262262_2164224.jpg



近所の農家さんからコンバインをお借りして桑原さんが刈り取っていきます。
ライ麦は背が高いのでなかなか難易度が高い様子。
前日までの雨で湿り気もあったのでコンバインにからみついてしまい悪戦苦闘。






d0262262_2193121.jpg



こんな感じで後ろからちゃんとコンバインからわらが出てきているかチェックしながら作業は進みます。







d0262262_21115482.jpg



何度もコンバインを開けてからみついたライ麦をそうじしていました。ふー。






d0262262_21132131.jpg



高谷さんもコンバインを運転。
でも難しい〜とすぐにベテラン桑原さんに交代していました。笑。






d0262262_21151276.jpg



刈り取った後はブルーシートに並べて乾燥!
梅雨の最中。雨が降ったり止んだりなので今は我が家の一室にブルーシートを広げて乾燥しています。
蒜山のライ麦、どんな味がするのか今からとても楽しみです。





★イラストレーターの上田しずかさんがブログで私たちのことを紹介してくれました。
(恥ずかしくなる位素敵に紹介して下さって、本当にありがとうございます。)
可愛らしくて心がほっとする素敵なイラストを描かれています。ホームページで作品がたくさん観れます。私は特に水彩のタッチが優しくて大好きです。



高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-07-13 21:30 | 野良しごと
「いのちを守る」こと
「いのちを守る」

毎日農作業をしていてよく頭に浮かぶ言葉。

人間は植物を栽培する。
人間のいのちを守るために植物をつくって食べる。

つくる植物もいのちある生きもの。
生きものである植物を守ることで人間が生きていける。

相手を守ることが自分を守ることになる。
植物のいのちと人間のいのちの関係。

人間と植物との関係だけでなく、
田畑を離れても、
家族や友人、社会との関わりにおいても同じことが言えないかと思いました。

一昨日も大規模なデモがありました。
官邸前だけでなく、大阪や北海道など全国各地で。

「再稼働反対」と一緒に
「子どもを守れ」のコール

大飯原発の再稼働後も諦めることなく大きくなる声の力の源は何でしょうか?

原発に対する拒否感だけではなく、
「いのちを守る」という根本的なところにそれはあるのではないでしょうか。

「子どもを守れ」という言葉は
先ほど書いたような人間と食べものである植物のいのちの関係と通じるように思えます。
周りの存在を守ることで自分も守られる。

裏を返せば、
原発が命を脅かす存在だと認識されてきたとも言えるかもしれません。

正しいどうかは別として、一つの考え方です。
長時間草刈りをしながら頭に浮かんだことを書いてみました。

農業という「いのち」と直結したことをしているといろいろ考えてしまいます。

次からはもうちょっと軽めに。

高谷裕治でした。
by hiruzenkougei | 2012-07-08 09:10 | 考えごと
イタリアン!
昨晩は不思議なご縁で繫がったみなさまと我が家でイタリアンパーティ。
東京から遊びに来てくれたともだちが繋いでくれたご縁。本当にありがとう。


特に約束していたわけでもなく、それじゃ家でごはん食べよっか、と。
こういう流れ大好きです。


しかも昨日はイタリアンのシェフが3人もいらしたので、我が家にいながらすっかりもてなされてしまいました。
台所にある材料だけでみるみる出来上がっていくお料理。
即興。ライブ。すごかった。
いつもの台所で繰り広げられる生き生きとした所作、それはそれは美しい時間でした。



d0262262_21383368.jpg


夏野菜と海老のパスタ。
すべてが絶妙のバランス!何回おかわりしたことか…
野菜は岡山の尊敬する農家Kさんから送って頂いたもの。
ルッコラは蒜山耕藝の畑から。



d0262262_2141342.jpg


鴨のレバーとグリーンピースのリゾット。
鴨はこれまた近所の尊敬する農家さんから頂いたもの、グリーンピースは蒜山耕藝の畑で穫れたもの。
最高の組み合わせでした。



grazie!!




高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-07-04 21:48 | 最後の晩餐
素材の力
先日、大切な仲間でいつもお世話になっているパン屋タルマーリーさんにて、すこし変わった料理教室がありました。



d0262262_2102418.jpg





本物のオリーブオイルやパスタをイタリアから日本に紹介してくれている、
とてもパワフルで素敵な女性朝倉玲子さんのお料理教室です。






d0262262_2104899.jpg





このお皿のお料理の味付けはすべて塩のみ。
その他の調味料といえばオルチョサンニータ(オリーブオイル)とオレガノ、ケッパー。
それぞれ素材の個性がたっぷり引き出されていて、驚く美味しさなんです。




オリーブオイルやパスタの製造工程から、からだに負担の少ない食事について
朝倉さんのイタリアでの経験を通して語って下さいました。
料理のデモンストレーションでは、ハッとすることばかり。
言われてみれば当たり前のことだけれど、自分では気付けないことってたくさんありますね。
一番のヒットは玉ねぎの切り方。
私はいつもなんとなーく繊維にそって切っていたのですが、
朝倉さんから教えて頂いた調理法では繊維を断ち切って薄く切ることが重要だったのです。
理由はその方が表面積が増えてうまみも甘みもたっぷり出てくるから!
これで本当に料理の味が劇的に変化しました。



素材の力をしっかり引き出す料理法。
他にも色んなポイントがあったのですよ。
朝倉さんは全国各地で料理教室を開催されていますので、
ぜひ一度直接お話を伺ってみてください。
いつもの台所が、自分の意識だけでがらりと変化します。





高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-07-04 21:22 | できごと
農園のある場所
こんにちは。桑原です。
今回は、私たちの農園がどんな場所にあるか 紹介したいと思います。
d0262262_1949317.jpg

<今日のサトイモ>

幣農園は、岡山県真庭市の北部、蒜山地域にあります。
岡山県の最北部で、わたくしの自宅から500m北は、もう、鳥取県との県境。
日本海まで、車で1時間弱です。

標高は500m前後の高原地帯で、冬季の積雪は多く、今年は最大で1.5mくらいあったでしょうか。年末から3月末まで完全に雪に閉ざされてしまいました。
夏は涼しく、最高気温が30度を超えるのは数日で、そんな日でも一歩日陰に入れば爽やかで、朝晩は肌寒いくらいで、過ごしやすい気候です。

蒜山のイメージというと、蒜山ジャージー牛とか、蒜山大根、高原キャベツの産地。別荘も多く、西の軽井沢と言われたり、酪農と高原野菜の盛んな観光地といった印象を持っている方も多いかと思います。
私たちの暮らしている地域は、地元の人は「あそこは蒜山じゃないよ。」と言われる中和(ちゅうか)という地域で観光地から山一つ越えた、酪農家は一軒もなく稲作が中心で、小さな商店が1つしかない、静かな山村です。

その中和地区で私たちは2.0haほどの田んぼを借りて、お米をつくり始めました。
畑は前段で紹介した、蒜山の中心部の観光や酪農の盛んな地域で1.5haをお借りして、ジャガイモ、ダイコン、ニンジンを試験的に2,3畝づつ作付け、残りは土づくりをやっています。
中和地区では1.0haほどの畑をお借りして、トマトやナスなどの夏野菜。サトイモ、サツマイモ。紫花豆などのインゲン豆を今年は作付ました。

稲作のこと、畑作のこと、栽培のこと、次回以降で順次、お話していければと思います。
今日はここまで。
桑原でした。
by hiruzenkougei | 2012-07-01 21:28 | 蒜山の風景