「ほっ」と。キャンペーン
「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ナスの亡骸
雪が降る直前になってしまいましたが、夏から秋にかけてがんばってくれたナスとトマトの片づけをしました。

枯れてしまったナスやトマトの枝を刈り取って集める単調な作業ですが、やっているうちに枯れた枝が妙に気になって、しばらくぼんやりと考え事してしまいました。

彼らは一年一年が一生。春に芽を出し、夏に成長し、秋に実をつけ、冬に枯れます。
毎年、自家採種をすることで彼らの世代交代を私たちは見届けることができます。

彼らは私達には何も語らず一生を終わるわけですが、精一杯生きた証がそこにはありました。
d0262262_20421099.jpg

夏の生き生きした作物の姿も美しいですが、こんな姿も美しいなー。と思いました。
自分もこんなふうに死ねたらいいなぁ。と。
ただ、自然の一部として生まれて、淡々と生き命を繋いでいく。そして、また死んで自然に還っていく。それで十分幸せなんじゃないかと私自身は思います。

今の人類はちょっと自意識が過剰というか、自分個人というものを強く感じすぎているのではないかと私は思います。
自分は何のために生きているのか?どんな人間になりたいのか?今のままじゃダメなんじゃないか?何をやりたいのか?何を成し遂げたいのか?ただ生きているだけの人生は意味がないのではないか?
そんな苦しみを日々感じすぎているのではないでしょうか?

次世代のため、子や孫の世代の為に…。私もそういう表現をよく使ってしまいますが、本当は違うのではないかと思います。私も30年前は次世代を担う純真無垢な幼子でした。そして、今現在、私たちの子供達も2,30年たてば私達と同じように親世代となります。
次世代の為にと自分の人生を犠牲にし、経済的な豊かさを最優先しても、結局は同じ状況を次世代に引き渡しているだけでしかないように私は感じてなりません。

今の生活を大事にすること、まず、自分を愛すること。大事にすること。それができて初めて家族や周りの人たちを幸せにできる。
ありがままの自分で十分幸せ。そう思えたら毎日がとても幸せで満ち足りた生活になるのではないでしょうか?
もちろん、自分の能力や技術を磨くこととか、そういった努力を否定しているわけではありません。ただ、自分自身の気持ちのあり方として、短所ばかり気になってしまうけど、今を精一杯生きる自分を認めてあげることが人生を幸せに感じる第一歩ではないかと思います。自分が本当に幸せと思える生き方をする。それがこれからの次世代へ繋ぐ社会を作る一歩だと私は信じています。
目の前の農作業を淡々とできることの幸せを感じつつ、ナスやトマトの亡骸に思いを馳せて。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2012-11-30 20:53 | 考えごと
「冬の野菜セット」「コシヒカリ」についてのお知らせ

昨晩は蒜山に寒波が訪れました。


寒い寒いと思っていましたが、朝起きて窓を開けたらびっくり。



d0262262_10223995.jpg




景色がすべて霜で覆われていました。



今お届けしている「冬の野菜セット」。

今朝、本日発送分の野菜を収穫に向かったところ、
大根の葉がすべて凍ってしまっていたのです。
一度凍ってしまった葉は傷みが出やすくなってしまうので、
本日以降、大根の葉は切り落としての出荷とさせて頂きます。


以前のブログ記事「冬の野菜セット」にも<追記>させて頂きました。
写真では大根に葉がついた状態でご紹介しているため、
大変申し訳ございませんが、予めご了承の上お申し込み頂ければと思います。


また、コシヒカリの在庫も少なくなって参りました。
30kg袋での販売は終了となりましたので、こちらもご了承頂ければと思います。



どうぞよろしくお願い致します。



高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-11-28 10:28 | お知らせ
新米についてのお知らせ
2012年11月25日現在。

おかげさまで亀の尾に続き、ササニシキも完売となりました。
本当にありがとうございました。
(既にお申し込み頂いているお客さまの分は確保しております。ご安心ください。)


自然栽培コシヒカリともち米(ヒメノモチ)は引き続き販売中です!
お申し込みはメール(info@hiruzenkougei.com)またはFAX(0867-45-7145)にて。


亀の尾とササニシキ、来年も作付けします。
楽しみにお待ちいただけますと幸いです。



d0262262_21281739.jpg



ある日のお昼ごはん。にんじんごはん。





高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-11-25 21:30 | お米
冬の野菜セット
★★降雪のため、冬の野菜セットはお申し込みを締め切らせて頂きました。★★
  たくさんのお申し込みを頂き、本当にありがとうございます。



今夜の蒜山は0度!

キンキンに寒い冬がはじまりました。




d0262262_23243772.jpg





今日も里芋をストーブの上でコトコト。
見てください、このねばり。
見てるだけで体がぽかぽかしてきます。



そろそろ、秋の野菜セット改め、冬の野菜セットをご紹介したいと思います。



<蒜山耕藝、冬の自然栽培野菜セット>

◇価格 3.000円 (送料/税込み)
※北海道、沖縄にお住まいの方は大変申し訳ございませんが+300円のご負担をお願いします。

◇セット内容
 ・大根    1本
 ・聖護院大根 1本
 ・里芋    1kg
 ・人参    1kg
 ・土居分小菜 1パック
 

お申し込みはFAX(0867-45-7145)またはemail( info@hiruzenkougei.com )にて。下のフォームをご利用ください。


----------------------------------------------------------------------

<蒜山耕藝、冬の自然栽培野菜セット>送料/税込み 3.000円

お名前:
ご住所:〒
お電話:
mail :
お届け時間帯:特になし、午前中、12-14、14-16、16-18、18-20、20-21
備考 :


---------------------------------------------------------------------



d0262262_23465781.jpg





d0262262_092744.jpg



サツマイモと春菊はおかげさまで完売となりました。

<追記>11月27日夜の大寒波で大根葉が全て凍ってしまいました。
一度凍ってしまった葉は傷みが出やすいため、
今後は大根の葉を切り落としての出荷とさせて頂きます。
大変申し訳ございませんが、ご了承頂ければと思います。



<お支払いについて>
商品到着後、ゆうちょ銀行へのお振込をお願いしております。
尚、はじめて蒜山耕藝をご利用のお客さまは、誠に勝手ながらお届け前のお振込をお願いしております。返信FAXまたはメールにて口座をご案内させて頂きます。


お申し込み順に発送して参ります。お日にちの指定はできませんこと、予めご了承ください。
どうしても!なときは遠慮なくご相談ください。




そしてその後、ストーブの上は…



d0262262_23433786.jpg




おもち!


蒜山耕藝のヒメノモチ(もち米)でつくったお餅、ただ今着々と準備中です。
年末年始までにはお届けできるよう、準備を進めています。



高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-11-24 23:56 | 収穫のお便り
サトイモ
先日、サトイモの収穫をしました。
d0262262_22454475.jpg

サトイモは日本人が稲作をする前、縄文時代後期には焼畑で栽培されていたという古いお付き合いのお芋。原産地は東南アジア、マレーシア周辺と言われています。
日本の品種の多くは染色体が三倍体で種がありません。まれに水芭蕉のような花が咲くことがあるようですが受粉しても細胞分裂がうまくできずに種をつくることができません。種芋を保存しておいて来年、それを植えます。交配しないので太古の昔から同じ遺伝子、クローン。同じような姿のはずです。縄文人の時代から毎年毎年、同じものを食べているなんて不思議な気分になりますね。

今年、蒜山耕藝では2種類のサトイモを栽培しました。
一つは三倍体の染色体を持つ 土垂(どだれ)、もう一つは日本では珍しい二倍体の染色体をもつ唐芋(とうのいも)です。
d0262262_22461464.jpg

写真は土垂(どだれ)です。収量はそれほど多くありませんでしたが
一つひとつの芋は大粒でしっかりしています。

煮て食べてみましたが、とろっとろのホクホクです。
写真を撮ったのですが、レンズが湯気で曇ってしまいました。

自然栽培の多くの野菜の例に漏れず、このサトイモも下ゆでが必要ありません。というか下ゆでしないでください。せっかくのおいしい”ぬめり” すべていただきましょう。
茹で汁が水飴のようにとろっとろになります。料理箸についたぬめりがミヨーンっと伸びて30cmくらいの長さになってもきれません。煮汁に味を付ける前にお湯から取り出し

たらっと醤油をかけてつまみ食い

「うっまーい」

味付けした煮汁も、とーってもおいしかったです。おつゆの具にしてもいいです。これからの寒い時期、あったかいお汁はなによりのご馳走ですよね。

明日からパン屋タルマーリーさんで販売する予定です。秋野菜セット第二弾にも入る予定です。
数千年の歴史を持つサトイモ。改めて味わってみていただきたいです。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2012-11-23 23:05 | 収穫のお便り
お米の出張販売です。
11月27日(火)に岡山市の「天神山文化プラザ」で開催される『食と暮らしのものさし作り講座』。
今からとても楽しみにしているこの講座ですが、とってもありがたいことに
蒜山耕藝のお米を販売させていただくことになりました。

せっかくなので当日お買い求め頂いた方にプレゼントをご用意させて頂きます。

ミニミニ蒜山耕藝さつまいもです!
(写真はお米1kgサイズとミニミニさつまいもです。)


d0262262_15183497.jpg




事前にご予約頂けますと、ご希望の品種やkg数、白米でも承ることが可能です。
お米の詳しいご案内はこちらです。→
※亀の尾、ササニシキは完売となりました。ご了承ください。

ご予約・お問い合わせは<info@hiruzenkougei.com>まで。


この機会にぜひ一度、蒜山耕藝のお米をお試しください。




高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-11-21 15:25 | お知らせ
ケの食卓 11月

蒜山の紅葉も、もう終盤。
落ち葉が増えてきました。


d0262262_22453391.jpg





秋の野菜もぞくぞくと。
人参、里芋の収穫がはじまりました。




d0262262_225028100.jpg



まずはオーブンで。シンプルに。
朝晩の冷え込みでぎゅっと味が濃くなっています。
なのに、スッキリとした後味。
蒜山耕藝のすべての野菜に共通する特徴が「透明感」です。



d0262262_22533413.jpg



イル・リコッターロのゆきちゃんに教えてもらった人参サラダ。
ついつい箸が伸びてしまう一品。



d0262262_22553767.jpg




小さな里芋は皮付きのままオーブンで。
皮が香ばしくてとても美味しいのです。
中はじんわり甘くて、ねっとり、ほくほく。幸せ。



d0262262_22564728.jpg



里芋を塩とオルチョ(オリーブオイル)で焼いただけ。
これが、びっくりする美味しさ!
甘さ、香ばしさ、色んな味が一気に押し寄せます。
ごはんが止まらない…



来週以降、人参と里芋は秋の野菜セットでお届けできそうです。
ブログでお知らせさせて頂きますので、もう少しお待ちくださいね。





d0262262_2352162.jpg





高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-11-19 23:06 | 最後の晩餐
蒜山耕藝の蒜山大根
蒜山の特産品といえば「蒜山大根」です。

「黒ボコ」といわれる火山灰土壌と寒暖差の大きい気候が質の良い大根を育てるということで戦後から大規模に大根が栽培されていました。

私たちにとっても移住する前から大根は身近な存在です。
研修していた自然栽培農家さんはそれはそれは美しい大根をつくっていて、大根を通して土を知ることなど多くのことを教わりました。

移住先を蒜山に決める際も大根の適地であることはポイントの一つでした。

1年目の大根づくり。
15年以上何も入れないでキレイに管理だけしていた畑でつくりました。

d0262262_21373021.jpg

大根を上から見た姿。
なんとも言えない美しさと思うのは私だけでしょうか。
淡い緑と葉のデザイン。

野菜が美しく育つことができるように場をつくるのが食べものをつくるということ

そんなことを思ってしまいます。

d0262262_21363110.jpg

肌はちょっと凸凹していますが、切った時の感触や包丁への張りつき方は美味しさを期待させます。

今年つくっているのは
耐病総太り
みの早生
聖護院大根
たくあん用大根

今販売している秋の野菜セットにはたくあん用以外の3種類のいずれかが入ります。

昨日から雪が降る程冷え込みが厳しくなって大根の1番の旬を迎えています。
生でみずみずしさを楽しみ
大根ステーキにして甘さに驚き(冷めるとなお甘い)
じっくり炊いてしみじみ味わう。
いろんな食べ方で楽しんで頂きたいです。

秋と冬が交差している蒜山からお届けしました。
d0262262_22231226.jpg


高谷 裕治
by hiruzenkougei | 2012-11-15 22:32 | 収穫のお便り
「食べたいものをつくる」
「食べたいものをつくる」

私たち蒜山耕藝のスローガンのひとつです。

自然栽培をしているにも関わらず人間都合とも思えるこの言葉。

生き物である植物を「育てる」ならともかく「つくる」といい、
「土地に合う」ものと言いながら「食べたいもの」と言う。

矛盾していて誤解を招きそうなことですが、そこはあえて「つくる」という言葉を使っています。

それはブログを開設した直後に投稿した「「藝」に込めた思い」でも少し触れていますが、
自然と共に生きること
人間らしく生きること
これらについて考えた時「つくる」ということを掘り下げていくこと、実践することの中にヒントがあると思ったからです。

半年経った今でもその思いは変わっていませんし、むしろ強くなっています。
それを表現できるくらいになりたいと思っているのですが、まだまだこれからです。

ロゴが完成し、新たな一歩を歩き出した今、
もう一度原点に戻って考えてみました。



d0262262_2282855.jpg





高谷裕治
by hiruzenkougei | 2012-11-13 22:09 | 考えごと
ロゴ!
紅葉も見頃を迎え、太陽の光はすっかり冬仕様な蒜山です。




d0262262_2024484.jpg




そんな中「蒜山耕藝」という名前の生みの親、デザイナーの前崎さんが福岡からやって来てくれました。


今回も畑を見てもらったり、鍋をつついたり、餅つきをしたり、楽しい時間をご一緒させて頂いたのですが…



今回のメインは蒜山耕藝のロゴデザイン完成のお披露目会だったのです。




それがこちら!




d0262262_20455440.jpg





まさに!蒜山耕藝の世界観そのもの。

素のままの美しさ。

はじめて見たときは3人で「おーーーーーーーーーー!」とうなってしまいました。
しっくりと馴染みすぎて、私たちよりも先にこの世にロゴがあったんじゃないかと思ってしまうくらい。笑。


前崎さんが蒜山に来て頂いたのは今回で3回目。
過去2回の訪問でこんなにも深いところまで私たちのことを理解して下さっていたんだと、ひしひしと感じる、そんなロゴを頂きました。
本当に本当に、ありがとうございます。


「本質的なつくる喜びを、これから出会うべき人へ
頭ではなく心へ伝えるお手伝いをしたいと思っています。」


ロゴと一緒にこんな素晴らしい言葉を頂きました。



私たちが蒜山耕藝として活動していく中でとても大切に思っていることです。
そして自分たちだけでは、どうしても力が足りないところ。
これからも前崎さんの力をお借りしながら、蒜山耕藝を表現していきたい。
どんな面白い試みができるかな。ワクワクします。



そしてロゴデザインの完成と合わせて、簡単なWEBサイトFacebookのページもオープンしました。
内容の充実は時間をかけてゆっくりと進めていこうと考えています。


2012年11月11日。
改めまして、今後とも蒜山耕藝をよろしくお願いします。




高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2012-11-11 21:25 | お知らせ