「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「藁塚放浪記」を読んで
去年の秋から仲良くさせて頂いている倉吉の左官職人の佐治三津弘さんからお借りした数冊の本。



その中でも深い感銘を受けた「藁塚放浪記」です。
著者である藤田洋三氏が日本全国の藁塚を撮影したものをまとめたものですが、かつての人々の自然と共に生きていた証を見るようで一気に読んでしまいました。

本編の内容も素晴らしいものでしたが、巻末の解説に書かれていた一節が印象に残りました。



「たぶんわたしたちが稲という禾本科の植物の全体が即実である米を取り出す事によって稲を育んできた泥や水といった自然とのつながりを見失うことになったのではなかろうか。」(小林澄夫『左官教室』編集長)


稲作農家である自分にとって心に残る言葉です。

自然栽培で米つくりをする中で感じている疑問や課題は多々あります。
それを見ないふりをしたり、他人任せにしてしまう自分がいたり、アイデアが浮かんでも労力が大変だからとやらない自分がいます。

それが今回紹介した本を読んだり、佐治さんやAA Studioの橋詰さんや徳永さんと出会う中で農業の中で感じる疑問や課題に向き合う勇気を頂いている、そんな感じがしています。

立ちはだかる壁に痛みを覚悟で突っ込むのではなくて、楽しさを感じながらいつの間にか超えている。
そんな風になったら理想です。


d0262262_21224439.jpg


ちなみにこの写真はAA Sutioさんにあった本物の畳の断面です。

表面の畳表はい草ですが中身は稲藁です。
田んぼ1反(約300坪)あたり15枚の畳しか作れないらしいので畳1枚に使われている稲藁は相当な量です。
今は稲藁が無いので畳の芯は発泡スチロールなど使用されていますが、心地よさも機能面も本物には遠く及ばず。

い草も稲藁も本物の畳で、いつか昼寝をしてみたいものです。


高谷裕治



★蒜山耕藝のFacebookページも日々更新しています。
by hiruzenkougei | 2013-02-27 21:31 | 考えごと
玄米もちと分搗きもち
★★玄米もち、分搗きもち共に完売となりました。たくさんのご注文を頂き、本当にありがとうございました★★




待ちに待ったお餅がやっと搗き上がりました!!

今回は「玄米もち」と5分搗きのもち米からつくった「分搗きもち」のご案内です。

d0262262_2144478.jpg

左の2つが玄米もちで右の2つが分搗きもちです。

毎回搗き上がったお餅を食べてから知ったことですが、お餅もとても繊細な加工品なんですね。
気温や水温といった気象条件と浸水加減や蒸し加減などの違いでお餅の味が変わるのを実感しました。

今回の玄米もちは前回よりも柔らかめに仕上がりました。
前回より水分量が増えて、よく搗けた感じです。
杵で浸かれた分つぶつぶ感が少なくなり、その分コシが出ました。

サクサク感のある玄米餅も美味しいけど、柔らかい玄米餅も美味しい!!


そして今回初登場の分搗きもちです。

玄米もちの香りの良さと白餅のキメの細かさ。
どちらも捨てがたかったので玄米と白米の真ん中の5分搗きで搗いてみました。

見た目は玄米餅に近いですが、焼いて膨らんでくると白餅のようにツルツルの肌になってきます。
口に入れた時に舌で感じる滑らかさは白餅のようだけど鼻を通る香りは玄米もち。

五分搗きのイメージどおりの味になりました。
ついつい食べ過ぎてしまいそうです。


d0262262_22215466.jpg



さて今回のお餅ですが玄米もちと分搗きもち各40袋づつの販売となります。

また、賞味期限は未開封で3月31日までとなりますが、商品到着後は温度変化の少ない冷蔵庫での保存をおすすめします。搗きたてを自然乾燥し、その後袋詰めをしているため、完全な真空状態になっておりません。温度変化があると袋の中に水滴が発生し、カビの原因となりますのでご注意いただければと思います。いずれにしましても、開封後はなるべく早くお召し上がりいただくようお願いいたします。




<価格>
○玄米もち 6個入り(約350g) 600円(税抜き)
○分搗きもち 6個入り(約350g) 600円 (税抜き)



<送料について>
クロネコヤマト便でお届けします。

●関西、中部、中国、四国、九州 … 一律500円
●関東、北陸、信越、東北 … 一律700円
●北海道、沖縄 … 一律1.000円



<お支払いについて>
商品到着後、ゆうちょ銀行へのお振込をお願いしております。
尚、はじめて蒜山耕藝をご利用のお客さまは、誠に勝手ながらお届け前のお振込をお願いしております。返信FAXまたはメールにて口座をご案内させて頂きます。



<ご注文の前に>
蒜山耕藝のもち米は斑点米(黒い点等)が一般のお米に比べて多く混ざっています。
私どもの力不足で、判別する機械をまだ持っていないことが原因です。
そのため、おもちにも黒い点が入ってしまっています。
カビではございませんので、予めご了承頂ければと思います。




お申し込みはFAX(0867-45-7145)またはemail( info@hiruzenkougei.com )にて。
下のフォームをご利用ください。


---------------------------------------------------------------------------

< 蒜山耕藝 丸もち > 玄米:600円(税抜き) 分搗きもち:600円(税抜き)

お名前 :
郵便番号:〒
ご住所 :
お電話 :
 mail :
 数量 :  玄米      袋   、  分搗きもち     袋
お届け時間帯:特になし、午前中、12-14、14-16、16-18、18-20、20-21
 備考 :


--------------------------------------------------------------------------

最近お餅の新しい食べ方にハマっています。

以前「トマトが繋げてくれたこと」でご紹介したイタリア家庭料理サロン a tavola!のゆかりさんに教えて頂いた焼いた、玄米餅とオリーブオイル、醤油の組み合わせ。
d0262262_21212566.jpg

オリーブオイルは私たちが愛して止まないオルチョサンニータ
病みつき注意です。



高谷裕治




★蒜山耕藝のFacebookページも日々更新しています。
by hiruzenkougei | 2013-02-23 21:34 | 収穫のお便り
「住まい」から学んだこと

蒜山耕藝の今年の目標のひとつに、自宅兼事務所の改装、そして蔵づくりがあります。


そんな私たちの動向を察して、COLTRADAの保坂道子さんが「住まいのお話を聞きに行きませんか?」と誘ってくださいました。
岡山県新見市でワイン造りを志し、力強く誠実に、前へ進まれている保坂さんご夫妻。
奥様の道子さんは a tavola! のゆかりさんが主催されている大人気の講座、「食と暮らしのものさし作り講座」の講師をされています。
これから何かを選択するときにその人自身の「ものさし」をつくっていけるように、道子さんが長い時間をかけて培ってきた経験や深い知識を毎回惜し気も無く伝えてくださっています。


道子さんをナビゲーターに向かった先は、愛媛県にあるAA STUDIOさんでした。



d0262262_15462373.jpg




建築士の橋詰さん、徳永さんに暖かく迎えて頂き、まずは建材のこと、襖、畳のこと、ひとつひとつとても丁寧に教えて頂きました。ここでは書き切れないような情報量だったのですが、どの材料をとっても現在の家づくりはこんなにも本質からずれてしまっているのか…と驚きの連続。
ある程度想像はしていたのですが、ここまでか、と。
そして家自体の構造までも。温暖湿潤で地震の多い日本に適していた昔ながらの家づくり。それが戦後がらっと変わってしまいます。
「総持ち」という概念でつくられていた家づくりから、一部に負荷をかけて一見頑丈にしたように見える家づくりへ。このお話を伺っているときに、色んな菌がバランスを取って醸していた世界から、純粋培養の菌の世界へ変わっていった発酵の話を思い出しました。



d0262262_15545891.jpg



食べものの世界にも通じるのですが、私たちが価格の安さや目先の合理性、時間の短縮を重んじるばかりに、失いかけている「本物」の素材、技術のなんて多いこと。
失いかけている、と書きましたが、もしかしたら既に失ってしまっていることはたくさんあるのかもしれません。
自分たちの世代のことだけを考えるのではなく、次の世代、その先の世代へ繋いでいくことを考えれば自ずと見えてくる選択があると思います。
そのことを実践されているAA STUDIOのお二人の暮らしぶりが、とても満ち足りたものであることは、ほんの一日滞在させて頂いただけでもよく伝わってきました。



d0262262_161197.jpg




今の世界では本質を見極める努力が必要なんだと改めて思いました。表面的なアプローチが多いから、惑わされることなく。
でもその努力は決して苦しいことではなくて、本当はどんどんスッキリ幸せになる愉快な道のりだと思うのです。


あることを自分自身のものさしで判断し、選択すること。
それはイコール「生きる」ことなんじゃないかと思います。


誰かに幸せや心地よさの基準をゆだねるのではなく、自分の感覚で選び取ること。
今の自分のことだけでなく、その先の世代へ繋ぐ選択をすること。
お金や効率といった目先の利益で判断しないこと。


本来の「住まい」について学びながら、改めて実感したことです。



高谷絵里香



★蒜山耕藝のFacebookページも日々更新しています。

d0262262_1640854.jpg

by hiruzenkougei | 2013-02-19 16:46 | 藝のつながり
和食パン

d0262262_20395832.jpg



タルマーリー和食パン



「炊いたご飯を練り込み、日本の伝統的製法で仕込んだ酒種で発酵させるから“和”の食パン。
イーストも砂糖も添加せずに、植物性素材のみを使用し、ここまでの柔らかさとすっきりとしたコクを生み出すためには、酒種に自然栽培(無肥料無農薬)の米を使うことが必須条件です。
研究を重ね、酒種とご飯と菜種油の力で、バターのようなコクと自然な甘さ、モチモチしっとり食感を実現した、タルマーリーを象徴する渾身の作品です。」
(タルマーリーのホームページより。)


私にとって世界で一番大好きなパンです。憧れのパンなのです。


タルマーリーの酒種のパンの中でもひときわ繊細で独特な製法で、酒種が安定しないと登場しない和食パン。
旧正月の昨日、久しぶりに食べることができました!

お昼の賄いで頂いてしみじみ感じた「美味しい」。
その余韻が夜まで続くほど…ひとりじわじわと感動してしまいました。
そう、このパンがひとつの目標なのです。
以前このブログでご紹介させて頂いた蒜山耕藝のお米でしこむ酒種。
残念ながら、やっぱり、うまくいきませんでした。
ショックといえばショックなのですが、自然のものさしが示してくれたこの結果。
蒜山の地で農を営みまだ1年目。とても納得しています。
これから何年も時間をかけて田んぼと関わっていき、種も自家採種をくりかえし、いつの日か酒種として活躍してくれる日がくると夢見ています。


今タルマーリーで購入することができる和食パンは、尊敬する自然栽培農家の畑さんのお米でつくられた酒種が使われています。
もうそれはふんわりとふくらんでいるんですよ。
ああ、こんな風に醸せるようになったらな〜と憧れの思いひとしおです。
パン生地に練り込むお米は蒜山耕藝のコシヒカリを使ってもらっています!これだけでも本当にありがたく、ジーーンと感動してしまいます。


いつの日か、酒種も米も小麦もオール蒜山耕藝の和食パンを。
旧正月に胸に抱いた目標です。




d0262262_2118634.jpg




今夜は大好きなホワイトチョコ&カシューナッツのパンで夜おやつ。
幸せなひととき。



高谷絵里香



★蒜山耕藝のFacebookページも日々更新しています。
by hiruzenkougei | 2013-02-11 21:26 | 藝のつながり
内なる矛盾
日本各地から雪の便りが届く中、ここ蒜山でも、いつも通りの雪景色となっています。
もうすぐ旧正月です。今週の寒気をピークにして、徐々に春に向かっていくことでしょう。
d0262262_13501678.jpg

日頃から蒜山耕藝を応援してくだっている皆様にご報告があります。
今年度、私たちは一部の圃場で慣行栽培を行います。
慣行栽培、つまり、肥料も農薬も使用します。私は千葉時代も含めて初めての経験です。様々な事情で、地元で農業を続ける上でどうしても、一部の田んぼでやらなければなりません。そこで実ったお米は蒜山耕藝として皆さんにお売りするものではありません。農協を通じて政府の備蓄米になります。

慣行栽培を行う田以外の圃場は全て自然栽培を続けますし、自然栽培でつくるお米も今年の倍以上の計画です。

備蓄米は、国の倉庫で保管され、凶作や天災の際など米不足になった時、国民の食を守るため放出されます。何事もなく保管期間が過ぎると競売にかけられて外食産業や、おせんべいや、お味噌などの加工業者等が落札し、一般に流通します。

誤解されるといけないのですが、政府や自治体が栽培方法や販売先を制限したり、指定することはありません。だれがどんな栽培をやっても、どこに売っても自由です。でも、現実の世の中は法律だけで動いている訳ではありません。法律以外のさまざまな縛り、制約があります。

山奥で自分しかいない状況でやる農だったら理想を貫いてやりたいことを存分にやることができるでしょう。しかし私たちは現実社会とあらゆる関係を持ちながら、しかも地主の皆さんから田んぼを借りて農業をやっています。特にお米の栽培は、水をどう確保するかがとても重要です。川や沢の水源から水路を引いてくるわけですが、水路のメンテナンス、草刈り、泥さらいなどは地域の共同作業です。隣の田んぼが耕作放棄されてしまうと、畔が崩れて、自分の田んぼに泥や水が流れ込んできてしまいます。農業は、ビジネス、産業の一つではありますが、景観や栽培環境を守るため、地域共同体での作業が必須なのです。自分の田んぼだけをきちんと管理していればいいというものではないのです。

私たちは、世の中を自分たちが信じる「豊かな社会」に変えていけたらと思っています。でも、その道はまっすぐ進める道ではありません。右往左往しながら、それでも、少しずつでも前進していくしかありません。

自分たちの価値観を認めてもらうには、まず、自分たちが地域のルールや、様々な価値観を認めることが必要だと思います。慣行栽培でつくったお米は皆さんに直接お売りするものではないので、特にブログでお知らせする必要は無いのかもしれませんが、私達も、自分たちのやりたいことを決して貫き通しているわけではないこともお知らせしたいと思っています。
なぜなら、自分たちだけで理想郷をつくっても、それは「まやかし」だと思うからです。私は千葉時代、自分のやりたいことを貫いていました。自分が一番正しいと思っていましたし、安全でおいしい野菜がつくれれば、それでよいと考えていました。でも、原発事故はそういった幻想を見事に打ち砕いてくれました。現実の社会の出来事が私の理想の生活すべてを奪ってしまいました。

現実の社会とのかかわりを通じてしか社会を変えることはできない。私はそう思います。都合の悪い現実や、理想通りに出来ないことから目を背けてはいけない。理想としていることと、やっていることの食い違い。人間だれでも少なからずそういった部分があると思います。「内なる矛盾」に正面から向かい合ってこそ、社会を変えていくことができる。そう私たちは思っています。

桑原広樹



★蒜山耕藝のFacebookページも日々更新しています。
by hiruzenkougei | 2013-02-08 14:02 | お知らせ
訳ありコシヒカリ、販売のご案内
★★訳ありコシヒカリは好評につき、お申し込みを締め切らせて頂きました。★★
   たくさんのお申し込みを頂き、本当にありがとうございます。



おかげさまで平成24年度産の自然栽培米はヒメノモチを除き完売となりました。
まだ1年目にも関わらずたくさんの方にご購入頂きました。
本当にありがとうございました。

当初予定していた販売分は完売となりましたが、
実はまだ残っているお米(コシヒカリ)があります。

訳があって販売していなかったのですが、この度「訳あり価格」として割安にてご案内させて頂くことにしました。



その訳というのは…
「今まで販売していたコシヒカリに比べて「食味」や「風味」が落ちる」
ということなのです。

今回ご案内するコシヒカリも他のお米と同じように肥料と農薬は一切使用していません。苗も自分たちで育苗した同じものです。



d0262262_22271365.jpg




違ったのは「田んぼ」です。


田んぼの地主さんから伺ったところ、30年ほど前に基盤整備をしたこの田んぼはお米を作ったのは当時の1回だけでした。
それ以降は休耕したり牧草をつくったりしていたそうです。堆肥も入っていたことでしょう。

田植えをする前からその話を聞いていたので他の田んぼとは生育が違うとは思っていましたが、思っていた以上の生育差を見せました。
見事な程に立派に成長した稲は本来の姿以上のものだったのでしょう。
「自然界には誤差がない」とはよく言ったもので、いもち病という形でバランスをとったようでした。

収穫量が落ちるのはもちろんでしたが、炊いてみると「食味」や「香り」が他のお米に比べて落ちていたので販売するかどうかをずっと悩んでいました。

自分たちで食べきろうと考えていましたが結構な量です。
そして、お客様の中にはそれでも良いから欲しいと言ってくださる方もいらっしゃり、3人で検討した結果こうして販売すること決めました。



d0262262_22261374.jpg




最後に、

私にとってはこのコシヒカリも他のお米と同じく大切なお米です。

いもち病の中で生き残ったことに深い意味を感じますし、この1年目があって初めて2年目3年目と続きます。

人と人との出会いがあるように農地との出会いもあります。
この田んぼとの出会いも大切な縁。
きっと自分たちに必要あっての縁だっと思います。
実際、最も多くのことを学んだのはこの田んぼからでした。
お米という収穫以上の収穫がありました。

私達の食卓の真ん中にあるのはこのお米。

もしも上記を理解して頂いた上で食べてみたいと思って下さいましたら、ご連絡頂けますと幸いです。



< 価格 >
●玄米5kg 2.500円(税込み・送料別)
●白米5kg 2.800円(税込み・送料別)
●玄米30kg 14.000円(税込み・送料別)

◇今回の割安価格の販売単位は5kg、30kgのみとさせて頂きます。
◇白米は精米したてのものをお送りします。


< 送料 >
クロネコヤマト便でお届けします。

●関西、中部、中国、四国、九州 … 一律500円
●関東、北陸、信越、東北 … 一律700円
●北海道、沖縄 … 一律1.000円
◇30kg袋でお届けの際は地域によって1.000円〜1.500円の送料になります。


<お支払いについて>
商品到着後、ゆうちょ銀行へのお振込をお願いしております。
尚、はじめて蒜山耕藝をご利用のお客さまは、誠に勝手ながらお届け前のお振込をお願いしております。返信FAXまたはメールにて口座をご案内させて頂きます。


< 発送について >
ご注文後随時発送させて頂きます。
(誠に恐れ入りますが、初回のお客さまはご入金後の発送となります。)
ご希望の日時がございましたらお気軽にご相談ください。


< お申し込み >
メール、FAXにて承っております。

●メール(info@hiruzenkougei.com)
●FAX(0867-45-7145)


以下のフォーマットをご利用ください。

----------------------------------------------------------------------

お名前:
郵便番号:〒
ご住所:
お電話:
mail :
ご希望の銘柄:訳ありコシヒカリ
ご希望の精米:玄米、白米
ご希望のkg :5kg
 数量   :1袋、2袋、3袋
お届け時間帯:特になし、午前中、12-14、14-16、16-18、18-20、20-21
 備考   :


---------------------------------------------------------------------

◇設備がまだ完全に整わず、一般に流通しているお米に比べて、斑点米や乳白米、青米が混入している割合が多くなっております。力不足で大変申し訳ございませんが、こちらも予めご了承頂ければと思います。



高谷裕治




★蒜山耕藝のFacebookページも日々更新しています。
by hiruzenkougei | 2013-02-02 22:34 | お米