「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
なたねの収穫
トマトやナスなどの夏野菜が収穫できるまでの梅雨のこの時期、野菜農家にとっては端境期(はざかいき)といって、収穫できるものが無くなってくる厳しい季節です。こんな時期ですが、蒜山耕藝では収穫を待っているモノたちがたくさんいます。
前回、大麦の収穫の報告をしましたが、今回も、この梅雨の合間をぬっての収穫の報告です。

今回はこれ!なたねです。
d0262262_18336.jpg

これは菜の花ですね。休耕地を利用して、景観のために栽培している所がほとんどですので、花が終わると刈り倒してしまうのですが、蒜山耕藝では、そのままにしてなたねの実をとります。そう、なたね油を搾るのです。

実が、熟するとこうなります。
d0262262_111291.jpg

実はさやの中にこんな感じで入ってます。
d0262262_1142448.jpg

なたねは普通、汎用コンバインという、大豆やソバなどを収穫する特殊なコンバインを使うのですが、そんな高価な機械は手配できないので、おなじみの稲の収穫用のコンバインを使います。
d0262262_1203100.jpg

なたねは稲よりも枝を大きく広げるので、普通に栽培すると、稲のコンバインでは収穫できないのですが、種まきの仕方を工夫して、枝が広がらないように栽培することで、画像のように収穫することができます。

収穫したなたねです。
d0262262_1253149.jpg

2反で100㎏強、収穫できました。ずいぶんと少ないですね。なたね自体の生長があまりよくなかったのと、稲用のコンバインだと、機械からこぼれてしまうロスが多いようです。収穫した後の畑は沢山の鳥がこぼれ種を食べに来ています。来年の課題です。

収穫できたものは、今年の秋にまく分を残して、残りは油にします。例のごとく、天日で乾かして、トウミでゴミを取り除いて、搾油所で油を搾ってもらいます。搾油所の詳細は、また後で報告します。

ナタネの収穫をしたあとも、数日、雨が降らなかったので、今度は、小麦を収穫しましたが、大失敗。今度は、コンバインの中で練ってしまって、全粒粉のパン生地のようになってしまいました。水分が多すぎたようです。コンバインの掃除に、半日かかってしまいました。梅雨の間の貴重な晴れの日を無駄にしてしまいました。小麦は、いくら熟したように見えても、蒜山では7月まで待って収穫した方がいいようです。

ということで、いろいろ収穫に夢中になっていたら、またまた、大失敗。今度は、大事な大事な地元の伝統野菜「土居分小菜」の自家採種の種をほとんど鳥に食べられてしまっていました。
d0262262_1464959.jpg

あ゛ー。ほとんど残ってません。母本選抜どころか、かき集めるのがやっとです。あれほど、千葉の師匠に「種を大事にしなさい」と言われてたのに、意識が種に向いてませんでした。アブラナ科なので、熟した時の見た目はほとんど同じですが、これが「土居分小菜」です。

毎日、七転八倒の蒜山耕藝の畑です。いつか整然と作業をこなせる日を目指して、頭を体を動かさんといけないなーと反省の日々です。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2013-06-29 02:12 | 野良しごと
大麦の収穫
カンカン照りの空梅雨から、一転。連日、雨模様の蒜山です。人参の花が最盛期です。
d0262262_2338855.jpg


先日、大麦の収穫をしました。
d0262262_23424151.jpg

この大麦は二条大麦といって、麦が画像のように二粒づつ平らに連なって実ります。平べったくて三葉虫のようです。
d0262262_23481129.jpg

これを私たちは麦茶にする予定です。千葉にいる頃も二条大麦を麦茶にしていました。その種を蒜山で播いたところ、冬の間の積雪に耐えきれなかったのでしょう。秋に芽を出していた大麦が、雪が溶けた後には消えてなくなってしまいました。

それでも、千葉で飲んでいた麦茶の味が忘れられず、耐寒性、耐雪性のある、東北の品種をいろいろなツテをたどって少量分けていただいて、昨年秋に種を播きました。

今年は何とか冬を乗り切ってくれ、収穫にこぎつけることができました。感謝、感謝です。

大麦は比較的、荒れた土地でも作りやすいとのことで、千葉での就農時、土づくりの一環として師匠が勧めてくれ、種を分けてくれました。初めて収穫できた数袋の大麦を持って、師匠が知り合いの焙煎工場に連れて行ってくれ、みんなで試飲しながら焙煎具合を注文したことを懐かしく思います。その時の麦茶の味が忘れられず、移住後もずっと作りたいと思っていた品目です。

収穫後は少量なので機械乾燥せず、天日干し。
d0262262_0122639.jpg


早速、高谷くんが、じっくり焙煎してくれて試飲です。
d0262262_0161955.jpg


うーん。うまい!!

現在、麦茶を試作してくれる業者さんを探しています。私たちの中では自然栽培の大麦の味を生かした焙煎のイメージができています。そのイメージにあった焙煎具合が再現できればいいのですが。。。

今年は収穫量が少量ですので試作程度になりそうです。来年収穫分から本格的に販売したいと思っています。

おたのしみに。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2013-06-24 00:26 | 野良しごと
2012年産 天日干しイセヒカリの販売
★★天日干しイセヒカリは好評につき、お申し込みを締め切らせて頂きました。★★
   たくさんのお申し込みを頂き、本当にありがとうございます。



雨の続く蒜山。

今日もひたすら田植え後の補植をがんばりました。

d0262262_17572274.jpg


d0262262_17574372.jpg

こちらは田植えの日の写真。夕暮れ時に作業が終わってほっとひと息。

この田んぼは「ツネトウ」という地名の田んぼです。
去年ここの1枚の田んぼで収穫した「イセヒカリ」という品種のお米。
去年の記事「はさ掛け」でご紹介したお米です。

d0262262_189326.jpg

お日様を浴びてキラキラ輝くイセヒカリ。

d0262262_2014042.jpg

このようにはさ掛け(天日干し)をします。

品種なのか、天日干しのおかげなのか、本当に美味しいお米に仕上がりました。
香りも甘みもしっかりあるのですが、とても上品。
お米のひとつぶひとつぶをしっかり感じることのできる炊きあがりです。
私たちはハレの日のお米として、販売はせずに大切に籾の状態で保存していました。
籾摺り機を持っていないので、自前の精米機で白米にしてから頂いていたのですが、この度JAまにわさんのご紹介で、籾から玄米に精米することができました。

せっかく玄米にできたので、少量ですが販売させて頂くことになりました!
蒜山の美しい空気と水で育ったイセヒカリ。
もちろん肥料や農薬は一切使用しておりません。そして蒜山耕藝のお米の中で唯一天日干しのお米です。たくさんのエネルギーがぎゅっとつまったお米。ぜひお味見ください。


< 価格 >
●玄米3kg 3.000円(税込み・送料別)
●白米3kg 3.200円(税込み・送料別)

◇今回の販売単位は3kgのみとさせて頂きます。
◇白米は精米したてのものをお送りします。


< 送料 >
クロネコヤマト便でお届けします。

●関西、中部、中国、四国、九州 … 一律550円
●関東、北陸、信越、東北 … 一律750円
●北海道、沖縄 … 一律1.050円


<お支払いについて>
商品到着後、ゆうちょ銀行へのお振込をお願いしております。
尚、はじめて蒜山耕藝をご利用のお客さまは、誠に勝手ながらお届け前のお振込をお願いしております。返信FAXまたはメールにて口座をご案内させて頂きます。


< 発送について >
ご注文後随時発送させて頂きます。
(誠に恐れ入りますが、初回のお客さまはご入金後の発送となります。)
ご希望の日時がございましたらお気軽にご相談ください。


< お申し込み >
メール、FAXにて承っております。

●メール(info@hiruzenkougei.com)
●FAX(0867-45-7145)


以下のフォーマットをご利用ください。

----------------------------------------------------------------------

お名前:
郵便番号:〒
ご住所:
お電話:
mail :
ご希望の銘柄:天日干しイセヒカリ
ご希望の精米:玄米、白米
ご希望のkg :3kg
 数量   :1袋、2袋、3袋
お届け時間帯:特になし、午前中、12-14、14-16、16-18、18-20、20-21
ご利用は? :はじめて or 2回目以上
 備考   :


---------------------------------------------------------------------

◇設備がまだ完全に整わず、一般に流通しているお米に比べて、斑点米(黒く斑点がついているお米)の割合が多くなっております。力不足で大変申し訳ございませんが、こちらも予めご了承頂ければと思います。


高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-06-20 20:28 | お米
田植え!
昨日からようやく田植えが始まりました。

約1ヶ月半かけて育てた稲の苗。
少し生育が遅くて心配しましたけどここ数日でなんとか田植えができる状態になりました。
d0262262_21474511.jpg

5品種ともほぼ同時に仕上がってしまったので昨日から連日の田植えです。
d0262262_2148767.jpg

今年は水を張ったまま田植えをしているので非常に時間がかかります。
できるかどうか不安でしたが何とか植わっているようで一安心。

昨日の夕方、田植機を落としてしまい、
d0262262_21484312.jpg

こんなことになりましたが、今日も午後から暗くなるまで植えました。
d0262262_21491015.jpg

予定ではあと3日で田植え完了。

その後は除草と補植の日々。
神経を使う時期から体力勝負の時期になります。

やりすぎて体調壊さないように気をつけます。


高谷裕治
by hiruzenkougei | 2013-06-11 21:51 | 野良しごと
ナスの直まき
ブログでも何回も話題となっております。今年の夏野菜の苗づくり。
ご存じのとおり、大苦戦です。

そんな中、一筋の光が。

気温がだいぶ高くなってきたので、ダメで元々。直まきをやってみました。
「ポケット芽だし」というやり方で芽だしをしたものを、直接畑にまいてみたところ、なんと!かなりの確率で発芽してくれました。収穫は9月に入ってしまいそうですが、なんとか実を着けることはできそうです。よかった。これで種をつなげることができます。
種を来年までとっておけば、発芽はすると思いますが、継続して自家採種することによって年々、畑に合ってくると言われています。一年でも無駄にしたくはありません。

d0262262_23335513.jpg

これは「青ナス」茎が緑なのですぐにわかります。普通のナスは茎も紫です。

d0262262_23354934.jpg

これは「鈴駒」という、加工用のトマト。
新品種ですが、農家が自家採種できるように固定種で全農(農協の母体)が育成しました。農協もなかなかやります。味は・・・。わかりません。楽しみです。

d0262262_051292.jpg

「なつのこま」今年の主力品種になるはずでしたが、9割以上の苗が枯れてしまって、生き残った数少ない苗です。少量ですがお盆前に収穫できるかもしれません。

d0262262_011975.jpg

きゅうりと似てますが、まくわ瓜。千葉から自家採種している、金色の甘さスッキリの美味しいウリです。

野菜たちは、いつも、私たちに希望の光を与えてくれます。今年も、私たちは失敗の連続で「もはやこれまで」と思う瞬間がたくさんありました。それでも、最後の最後には何とか持ちこたえて、豊かな恵みを与えてくれます。ありがたいです。

「来年はもうちょっとうまくやってね」

発芽した小さい芽たちのささやきが聞こえた気がします。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2013-06-07 22:31 | 野良しごと
くど 日記 〜 蒜山耕藝の台所
d0262262_21135955.jpg

先日打ち合わせに来てくださった前崎さんの写真を拝借。

桑さんが前回のブログで紹介してくれた蒜山耕藝の新しい拠点にある柱の写真です。


少しずつ農作業の合間をぬって手づくりしているこの建物。
ずっと呼び名に悩んでいました。

加工場、だけじゃないし。
事務所、でもない。
倉庫、だと味気ない。
本社?ピンとこない。


「くど、はどうでしょう。」


そんなとき、前崎さんに提案して頂きました。


裕治さんが温めていたキーワードの「くど」。
「かまどの煙突部分」という意味ですが、
ここ山陰地方では家の火まわり全体を「くど」と呼んでいたそうです。
つまり、台所。


前崎さんに「この建物は蒜山耕藝の台所なんじゃないでしょうか。」と言って頂いたとき、まさしく!と大納得でした。
自分たちでつくった作物を加工する場があり、農作物を保管する場があり、もちろん、みんなでごはんを食べる台所がある。
全部ひっくるめて蒜山耕藝の台所、「くど」なのです。


名前がついて、また一段とこの建物に命がふきこまれたよう。


これからどんな風に生きていってくれるのか。
少しずつ「くど日記」を綴っていきたいと思います。


Facebookページでは、日々の小さな動きも「くど日記」として紹介していこうと思っています。
桑さんはより具体的な「DIY日記」を担当してくれる予定です!ぜひこちらもご覧くださいね。


d0262262_2138274.jpg




☆前崎さんがご自身のサイトで蒜山耕藝を訪れてくれたことを紹介して下さいました。美しい写真と文章。こちらも必見です。



高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-06-03 21:44 | 蒜山の風景