「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
石山さんが蒜山に来てくれました。
2年目の米づくりを終えて1ヶ月。

昨年のこの時期はやりきった達成感に包まれていましたが、今年は反省と悔しさの中で来年に向けて対策を考える日々が続いています。

収穫できたお米自体は満足できるものだったのですが、高度な技術に目を奪われ基本的な技術と管理が上手くできなかったことで田んぼの力を十分に発揮させられないばかりでなく、負担をかけてしまいました。

後悔しても今年の結果は変わりませんが、自分は後悔の中で反省し次に繋げていきたいタイプなのでこういう時は思いっきり後悔することにしています。

そんな中、自然栽培稲作の大先輩である大潟村の石山範夫さんが新見市にあるCOLTRADAに行った後に蒜山にも寄って下さいました。

こんな有り難いことはありません。
恥ずかしさもありましたが迷うことなく一番苦労したのが見てわかる田んぼに案内しました。

こちらからほとんど説明しなくても状況を察してアドバイスをくれました。
自然栽培云々ではなく、基本的な田んぼのつくり方や水管理の方法など。
まさしく自分自身に欠けているところです。
田んぼは口程に物を言います。
d0262262_2224794.jpg

残っている一株を抜き、水で洗って根を見ます。
根も口程に物を言うようです。

d0262262_2231136.jpg

「株は張っているし、主根もしっかり出ていて、量も多い。2年目としては頑張りましたな。」


嬉しい一言でした。


石山さんからたくさんのアドバイスをお聞きしましたがやはり重要なのは心構えであることは他の先輩方と同様でした。

技術は技術で重要だけどもっと大切なのは心構え。
そして、いろんな失敗をしてきたからこそ今がある。
一つ一つのことを本気でしっかりとやるかどうかなんだ。

いつもながらの柔らかな物言いでしたが、心にずしりと響きました。

来年はお米の作付け面積がやや少なくなる予定です。
その分しっかりと田んぼに向き合いなさいと言うことだと思います。

米づくりが動き出すのは来年の3月中頃。
3ヶ月間雪の下にある田んぼのことを思いながら思いを巡らせようと思います。

さて、少しづつお問い合わせ頂いている蒜山耕藝の丸もち。

来月からの仕込みとなりますが詳細が決まりましたら数日中にブログにて告知いたしますのでよろしくお願いします。

高谷裕治
by hiruzenkougei | 2013-11-26 22:05 | 考えごと
自然栽培二年目のジンクス
雪の蒜山です。
d0262262_23564231.jpg

今年の野菜は、夏野菜の育苗から苦戦続き。秋、そして冬になっても苦戦は続いています。まさしく自然栽培二年目のジンクスです。

土居分小菜(ドイブンコナ)は、虫にレース状に葉を食べられ、半分くらいは枯れて消えてしまいました。
d0262262_082147.jpg

白菜は、まったく巻く気配もなく、チンゲン菜くらいの大きさまでしかなっていません。これでは白菜の漬け物を今年は作れそうにありません。ダイコンは、そのほとんどが、500円玉くらいの太さから、生長が止まってしまいました。それでもなんとか、ここ一週間で、手首くらいの太さになんとかなってくれました。

自然栽培一年目の去年は、白菜も、それほど大きくはなりませんでしたが、しっかりと巻いてくれ、白菜漬けを作ることができました。ダイコンも、大きさは一般のスーパーで売られているものとほぼおなじくらいまで大きくなってくれていました。

自然栽培は一年目は良くできるが、二年目以降はどんどん収量が落ちてくるケースが多いとはよく聞いていました。ですので、それほど、驚いてはいませんが「やはり、きたかー。」という思いです。
ごく稀に、初年度から、ずっと、よくできている農家さんもいらっしゃるので、私たちも、野菜が育つうちは、土づくりと野菜の栽培を上手に組み合わせて、うまくやっていけないかと考えていましたが、見事に、その目論見は外れてしましました。

やはり、やるべきことはしっかりやらないといけないですね。少なくとも来年度の蒜山耕藝、畑作部門は土づくり最優先で取り組むしかなさそうです。大部分の圃場を土づくりにあててしまうので、大きな面積での野菜作りはできません。

農園経営的には苦しくなりますが、今の土の状態で無理に作付しても、結局、お売りできるような品質の野菜ができるとは思えません。土づくりをしっかりやることが、実は一番の近道である。このことは、たくさんの先達の経験から私たちは学んでいます。

蒜山耕藝の野菜を楽しみにお待ちしてくださっている方々には、お詫び申し上げなくてはなりません。少なくとも来年は、ふんだんに野菜をご提供することはできないかもしれません。

自然との調和は一足飛びにはできません。人間の欲望や都合を優先して、自然の摂理、道理に反することをやっても、結局、苦しみは人間に跳ね返ってきます。ここは焦らずじっくり土づくりに取り組みたいと思います。
d0262262_113624.jpg

もう、土づくりの第一歩は始まっています。この麦たちが野菜作りに適した環境へ土を変化させていってくれます。発芽はうまく行きました。小麦くんたちの頑張りに期待しています。
d0262262_114435.jpg


桑原広樹
by hiruzenkougei | 2013-11-23 00:34 | 考えごと
11月、12月、野菜を持ってでかけます!
蒜山でははらはらと時折雪が散らつくようになりました。
すっかり冬、です。

d0262262_210554.jpg


今年の秋冬野菜、さつまいもをイノシシに食べられてしまったり、里芋の作付けを諦めたり、ある圃場の根菜類がなかなか大きくならなかったり…。苦戦しております。
(詳しくは畑部長の桑さんがブログにアップしてくれる予定です。)

そんな中、少しずつ収穫がはじまった野菜を岡山県内で販売させていただく機会があります。
今年は直販でのお届けがなかなか難しそうで、少しだけでも収穫できたお野菜たちを、こうして販売できる機会は本当にありがたいと感じています。直接手から手へお渡しできたら幸せです。


★11月23日(土)@NAPRON
毎月お邪魔させてもらっているNAPRONさん。オリジナルのエプロンや割烹着、セレクトされた雑貨もとても素敵で、欲しいものがたくさん!お野菜と一緒にぜひNAPRONさんの店内もお楽しみください。


★11月29日(金)@円山ステッチ「月の庭いち」に参加させていただきます。
先日の円山マルシェもとても盛況だった円山ステッチにて、またまた素敵な小さないちが開催されます。明子さんや円山生活の会のみなさんの愛があふれる空間。ふらりとお出かけください。
当日のみのプチ野菜セットもご予約受付中です。→ 


★12月1日(日)@蒜山 欅庵
「アラブの風が聞こえる」という、アラブ音楽に浸れるとっても魅力的な会に参加させていただくことになりました!こちらでは蒜山耕藝の作物のみでつくったおむすびとお味噌汁を持参します。


その他にも、仮決定のイベントや出店予定もまだまだあります。
また詳細が決まり次第、こちらのブログでお知らせしていきたいと思います。
たくさんの方にお会いできますように!




高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-11-20 21:09 | お知らせ
2013年新米販売終了のお知らせ
d0262262_9474753.jpg


おかげさまで蒜山耕藝の新米、全品種完売となりました。

おとといササニシキ販売終了の記事をアップしたところ、その他の品種についてもたくさんのお申し込みを頂き、11月13日深夜までに頂いたご注文で完売となりました。
(現在順番にお返事をお送りしております。ご連絡下さったみなさま、今しばらくお待ちください。)

こんなにたくさんのご注文を頂き本当にありがとうございます。
皆様に支えられているということ、心から実感しております。
蒜山耕藝3人、感謝の想いでいっぱいです。

来年はもっと多くのみなさまの食卓を支えることができますよう、また心を新たにがんばっていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-11-14 09:53 | お知らせ
10本だけの母本ニンジン
今年の蒜山耕藝のニンジンは黒田五寸という品種で、固定種ではありますが、購入した種です。今年のニンジンも、すっきりとした味わいで、まったくクセがなくて、とてもおいしく育ってくれました。これから厳冬を迎えると、徐々に甘みを増してきます。

蒜山耕藝では昨年から自家採種に取り組んでいますが、蒜山に来て、初めての種がとれたのが、今年の夏。ニンジンの播種時期には間に合わないため、今年採れた種は来年にまくことができます。ニンジンの自家採種は二年越しです。
d0262262_9393069.jpg

さて、そのニンジンの種、このブログで何度か話題になっていますが、この種はもともと、自然栽培ニンジンの巨匠、高橋博氏(つまり我々の師匠なんですけどね)が30年かけて育成してきた「フルーティ」ニンジンを一つまみ分けて頂いたものがもともとの由来。

その一つまみを千葉で就農してからの3年間で少しづつ増やして自分なりに選抜してきたものです。自然栽培という無肥料環境でも作りやすくて、とっても甘いニンジンです。千葉で就農してから、経済的な面でもサツマイモとともに私の家族を支えてくれた大事な種でした。

蒜山に移ってきて、やはりニンジンはやろう!!ということで、1反ほどの畑に播種したのですが、全然っ!!芽が出ない。まったく出ません。比較をするために隣に播種したF1種はきっちり発芽したので、水分が足りないとか、環境の原因ではなさそうです。

種の保存状態が悪かったのか?きちんと温度、湿度、問題ない状態で保管していたつもりなのですが、とにかく芽が出ない。またゼロから育成していくしかないかと諦めていたのですが・・・。

お盆が過ぎて、何もないはずの畑をトラクターで起して、次の作付の準備をしようと思ったら

「あれれ???」

チョロチョロと見覚えのある植物が、ところどころ生えています。そう、ニンジンです。圃場全部合わせても15本くらいしかありません。でも、その株を残して種にすることにしました。畑一枚でニンジン15本。なんとも奇妙な畑です。その畑からの収入はゼロでしたが、師匠から受け継いだ大切な種を継ぐことができました。

にしても、なんという発芽率でしょうか、自然栽培の場合、1反当たり1リットルの種を撒きます。ニンジンの種は20mlあたり約6,000粒といわれていますので1リットルだと約30万粒です。発芽率は15株/30万粒=0.00005%です。よく芽をだしてくれました。

秋になって大事に大事に抜き取って、10本を選抜、移植して、冒頭の写真のように大きくなりました。そして、倉庫で追熟して種を取ることができました。
d0262262_944094.jpg

来年はきっと、自家採種した蒜山ニンジンを皆さんにお届けできることでしょう。私たちも、あのおいしいニンジンが食べれるかと思うと、今からとても楽しみです。毎日、淡々と農業をやっていますが、こういう瞬間がたまにあるので、とても面白いです。

昨年、今年と、皆さんの評判も良く、栽培面積も増やしたいのですが、私たちの栽培法ではどうしても、稲刈りの時期とニンジンの間引きの時期が重なってしまうため、作業時間が確保できるだけの面積までしか栽培できません。
d0262262_9441621.jpg

コーティング種子やテープ種子に加工すれば、一粒撒きできるので、間引きは必要ありません。しかし、私の短い栽培経験から言っても、特に自然栽培においては、発芽からの生育初期は密植で育て肥大期に入る前に間引きをしたほうが、生育が良いという感覚があります。ニンジンはセリ科です。セリは「競り」に通じ、競って育てると良いと言われています。昔からニンジンは「共育ち」が良いと言われる所以です。

昔からの言い伝えと、自分の感覚を信じて、今後も、作業的に無理のない範囲の面積で良いものをつくっていきたいと思っています。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2013-11-14 09:49 | 野良しごと
ササニシキ完売のお知らせ
d0262262_20194751.jpg


ごはん!
毎日美味しく頂いております。(農家の手でお見苦しくてスミマセン!)


おかげさまで今年の新米もたくさんの方の食卓にお届けできています。
「ササニシキ」に関しては本日早くも完売となりました。
ここ数日間で年間購入のお申し込みが相次ぎ、突然の完売となってしまいました。ご検討頂いていた方にはお知らせが急になってしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

作付け面積が少なめだった「亀の尾」「コシヒカリ」、既にたくさんのご予約を頂いている「イセヒカリ」に関しても、そろそろ在庫の終わりが見えてきています。もしもご検討中の方がいらっしゃいましたら、お早めにご連絡を頂ければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-11-12 20:42 | お知らせ
自然栽培の会に行ってきました。
d0262262_12535156.jpg


11月2、3日に淡路島で開催された自然栽培全国普及会の近畿ブロック大会。

難しいと言われている自然栽培でのタマネギの自家採種についても興味がありましたが、千葉にいる時にお世話になった方、蒜山に移ってからお世話になっている方が一同に集まる貴重な機会。

新しい土地での農業も2年目となり様々な問題や課題が出て来てる中、もう一度基本に立ち返ってからこれからの未来を描く必要性を感じ、桑原くんと2人で参加してきました。

私たち3人は時期は違いますが高橋博さんという自然栽培農家さんの元で研修を受け、自然栽培の基本となるものを学んできました。
千葉にいる時はすぐに会いにいける距離だったのですが、移住してからお会いしたのは一度だけ。電話で話したのも2、3回程度。

壁に当たったり、不安になるとアドバイスをもらいたくなることもあったけど、
そんな時は、研修中に学んできたことを3人で思い出し、それを実践する。
右も左もわからない土地で経験のなかった稲作を選び、それが形になりつつあるのは研修で学んだのは技術ではなく、いつでも戻れる大きな軸を学んだから。

大会中は時間が無かったのですが、大会終了後に高橋さんとナチュラルハーモニーの河名さんや社員の方と蒜山に向かう車の中でじっくり報告することができました。
面と向かって話していたらきっと涙で声も出なかったので車で良かった。
話に集中して分岐を何度も間違えてしまったけど。

蒜山では恒例の畑の穴掘りも。

いくつかの圃場で穴を掘りましたが分かりやすかったのは人参の生育のバラツキがあるところ。
上だけみて原因を考えてもはっきりとわからないものですが、掘ることではっきりすることも多く今回もそうでした。

生育の良いところ、悪いところ。
同じ畑の中でもはっきりとした違いがありました。

原因が分かったらこれからすることが自ずと決まってきます。
自然栽培を実践していく上で一番大事なのはこういうところにあると思っています。

土の恩を知り、自然の恵みを頂く農業を基本にこれからの未来を描こうとしている今、こうして基本に戻れる良い機会になりました。

「しぜんと、育ったお米」

今、ぱっと目についた蒜山耕藝の米袋にデザイナーの前崎さんがつけれくれた一文です。
さすが前崎さん、ほんとによく理解してくださっています!!


高谷裕治



<新米販売のお知らせ>
蒜山耕藝の新米、販売しております。詳しくはこちらを! →
ササニシキの年間購入について →

<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2013-11-10 12:55 | できごと
旅立つ野菜
今日はドキドキしながら野菜の収穫に。
13日(水)に開催される円山マルシェアルバンモーさんのお弁当に使っていただけることになったのです!
d0262262_22181561.jpg


秋冬野菜の成長を見守っている今、アルバンモーさんは畑に寄り添いながら収穫を待っていて下さいました。

まだまだ大きくなっていないと思っていた人参が予想外に収穫できました!なんとかお弁当分を収穫することができほっと胸をなでおろしています。

右往左往する私たちを温かく見守って下さったアルバンモーさん。本当にありがとうございます。
収穫できた幸せをそのまま繋いで、心を込めてお弁当をつくってくださるそうです。ああ、本当に幸せです。

その他にも土居分小菜や大根、かぼちゃ、にんにく等。
まだ小さすぎたり、虫食いがあったり、と訳ありのお野菜ばかりになってしまいましたが、箱に詰めることができました。

美しい作物をつくりたい。それが美味しさにつながると思うから。
そこに至らない作物たちを出荷すること、複雑な思いであります。

でもやっぱりこうして幸せを繋いで下さる方の手に渡ってくれるのは嬉しい。素直にそう思います。

もう少しで秋冬野菜は本番を迎えます。
その頃にはピカピカの元気いっぱいのお野菜たちに会えると信じて!


d0262262_22183650.jpg




高谷絵里香



<新米販売のお知らせ>
蒜山耕藝の新米、販売しております。詳しくはこちらを! →
ササニシキの年間購入について →

<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2013-11-09 22:20 | 野良しごと
11月13日(wed)円山マルシェに出店します!
d0262262_212708.jpg

日に日に山が赤く色づいて。
すっかり秋は深まっていますね。

夏に種を蒔いた人参や大根もだんだんと大きくなってきました。

d0262262_2130303.jpg



11月13日(水)に開催される円山マルシェ。蒜山耕藝も参加いたします!

今年の新米をお試しサイズ(1kg)でお持ちする予定です。
玄米は800円、白米は850円になります。4種類のお米をぜひこの機会にお試しください。
白米は少しだけお持ちしますので、もしもご希望の方がいらっしゃいましたらご予約も承っております。こちらのメールアドレス(info@hiruzenkougei.com)までご連絡ください。
3kg袋や5kg袋でもお持ちできますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

お野菜は今年大人気のかぼちゃ、そして人参、大根を持って行けるかな〜と思っています。
当日までに大きくなりますように!
私たちが毎年種をつないでいる在来種の菜っ葉、土居分小菜も収穫します。
今年は虫食いが多くあまりきれいな状態ではないのですが、お鍋や炒め物、おひたしにして頂くと、やっぱりとても美味しい。毎日の食卓で実感しています。
なるべくきれいな株を選んで、ひとりでも多くの方にこの味を知っていただけたら嬉しいなと思っています。


お米も野菜ももちろんすべて自然栽培の作物です。
自然のリズムでゆっくりと育った作物の、力強く味わい深い美味しさ。
ぜひシンプルに簡単なお料理で試してみて頂きたいな、と思います。


スペシャルな企画も!
この日のアルバンモーさんのお弁当は蒜山耕藝の新米と野菜を使っていただけることになりました。
どんなお弁当になるのか、とってもワクワクしています。


他にも魅力的なお店がたくさん(ほんとうにたくさん!)出店されます。
ぜひ足を運んでみてくださいね。きっと素敵な出会いがたくさん待っていると思います。


高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2013-11-06 22:03 | お知らせ
2013年 新米のお知らせ
 ★★2013年新米は販売終了となりました★★
★★たくさんのご注文をありがとうございます★★


蒜山耕藝の新米、おかげさまで全国各地へ発送しております。
今年は全部で3町歩強(3ha)の田んぼに作付けをしました。
思っていたよりも順調だった田んぼ、とても苦戦した田んぼといろいろありましたが、味に関してはどのお米も自分たちで心から「美味しい!」と思えるお米に仕上がりました。

これも全て蒜山の豊かな自然のおかげです。


d0262262_22391823.jpg
写真:前崎成一さん


よくメールなどで「まだお米は販売されていますか?」とお問い合わせを頂くのですが、まだまだたっぷりご用意があります!笑
ぜひ今しか味わえない新米をお試し頂ければと思います。


< お米の種類 >
・ササニシキ
・コシヒカリ
・亀の尾
・イセヒカリ
・ヒメノモチ(もち米)

岡山県の北の果て、清らかで豊かな水の溢れる土地で育ったお米です。
肥料や農薬は化学的なものも自然由来のものも使用しない「自然栽培」で育ちました。
そのすっきりとした風味、お腹にもたれない食感をぜひ一度ご賞味ください。

◇今年の放射性物質の測定結果はヨウ素131、セシウム134、137ともに不検出でした。(ガンマ線スペクトロメーター法にて、検出限界1Bq/Kg)
去年の放射性物質の測定結果も不検出でした。詳しくは→

◇お米はすべて「未検査米」になります。お米の等級検査を受けていないので(県の奨励品種でないと検査を受けられないこと、また、検査費用を抑えて、少しでもお求めやすい価格にしたいというのが理由です。)法律的にはササニシキ等と品種を名乗ってはいけないということになっております。そのため、米袋にはお米の品種、産年度を表示することができません。予めご了承ください。

◇設備がまだ完全に整わず、一般に流通しているお米に比べて、斑点米や乳白米、青米が混入している割合が多い品種もございます。力不足で大変申し訳ございませんが、こちらも予めご了承頂ければと思います。




< 価格 >
●ササニシキ(完売)、コシヒカリ、亀の尾、イセヒカリ

【玄米】1.5kg…1.260円、3kg…2.520円、5kg…4.200円(税込み、送料別)
【白米】1.5kg…1.400円、3kg…2.700円、5kg…4.500円(税込み、送料別)

◇30kg袋は玄米のみ25.200円(税込み、送料別)です。
◇白米は精米したてのものをお送りします。


ヒメノモチ
【白米】1kg…1.050円、3kg…3.150円、5kg…5.250円(税込み、送料別)
◇ご希望があれば玄米でのお届けも承ります。


< 送料 >
クロネコヤマト便 or ゆうパックでお届けします。

●関西、中部、中国、四国、九州 … 一律550円
●関東、北陸、信越、東北 … 一律750円
●北海道、沖縄 … 一律1.050円
◇30kg袋でお届けの際は地域によって1.000円〜1.500円の送料になります。


<お支払いについて>
商品到着後、ゆうちょ銀行へのお振込をお願いしております。
尚、はじめて蒜山耕藝をご利用のお客さまは、誠に勝手ながらお届け前のお振込をお願いしております。返信FAXまたはメールにて口座をご案内させて頂きます。
また、30kg袋やおまとめ購入の際は、はじめての方以外も前払いをお願いしております。ご了承ください。


< 発送について >
毎週【水曜日】に発送させていただきます。(到着は木曜日、地域によっては金曜日)


< お申し込み >
FAX、メールにてご予約を承ります。

●FAX(0867-45-7145)
●メール(info@hiruzenkougei.com)


以下のフォーマットをご利用ください。

----------------------------------------------------------------------

<新米のご注文>

お名前:
郵便番号:〒
ご住所:
お電話:
mail :
ご希望の銘柄:コシヒカリ、亀の尾、イセヒカリ、ヒメノモチ
ご希望の精米:玄米、白米
ご希望のkg :1.5kg、3kg、5kg、1kg(ヒメノモチ)
 数量   :1袋、2袋、3袋
お届け時間帯:特になし、午前中、12-14、14-16、16-18、18-20、20-21
 ※関東へのお届けは14-16時〜となります。
ご利用は? :はじめて、2回目以上
 備考   :

---------------------------------------------------------------------

ぜひお気軽にお問い合わせください。
みなさまの食卓へ参加させていただけること。私たちにとって何よりの喜びです。

d0262262_22404764.jpg
写真:前崎成一さん



高谷絵里香



<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2013-11-05 22:44 | お米