「ほっ」と。キャンペーン
「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
冬の種市へ
1月24日、25日と東京は吉祥寺で開かれました古来種ファーマーズマーケット 冬の種市に人参を持って参加してまいりました。
d0262262_2295978.jpg


両日とも本当に盛況で、時間帯によっては入場制限がかけられるほど。

いつも蒜山耕藝の米や野菜をご購入いただきながら、お顔を拝見したことがない関東のお客様の方々が何人も、わざわざ、会いにきてくださって、たくさんの励ましをいただきました。それはそれは、幸せな時間でした。

そして、楽しい時間は過ぎていって、、、。

種市の最後を飾るトークイベントに。こちらも100人の会場がぎっしり埋まる盛況ぶり。すごい熱気の中、濃密な時間を過ごすことができました。

我らが盟友「オカズデザイン」さん、オーガニックベースの「奥津典子」さんと先輩農家「すどう農園」さん、我々「蒜山耕藝」

そして、編集者、執筆家の山村光春さんをナビゲーターに3部構成でお話がすすみます。

古来種(在来種、固定種)を大事にしよう!というテーマのイベントなんですが、そこにある精神は、単純に、現在のF1種や農業のあり方を否定する善悪二元論ではありません。それぞれの立場から、自らの生き方を考えるきっかけになるということを出演者の皆さんはおっしゃっていました。

オカズデザインのともさんは「素材に寄り添うことを大切にしたい」と。「古来種は実際にモノがくるまでどんな状態で、どんな大きさで来るのか全く分からない」ことが多いそうです。以前使ったことがある品種でも、生産者が違えば全然違うものだし、おなじ生産者でも時期が違えば、硬さや味は変わってくる。だから、気を抜くことができない。でも、料理というのは本来そういうものだ。と。

レシピありきではなく、今、手に入る素材を徹底的に活かす方法を考えて工夫する。そうあるべきだし、それが一番おいしいと、おっしゃっていました。

今回のイベントで、在来品種の大豆を使うにあたり、薄皮がないほうがよいと判断して、加熱した大豆、一粒一粒すべての薄皮を手で剥いたそうです。いったい何千粒剥いたことでしょう。しかも、そういう苦労をしても、いつもは一言もいいません。「食べてもらえば分かりますから」

奥津典子さんは、自らをマクロビオティック研究家といわれることに違和感があったといいます。誤解と手垢にまみれてしまったマクロビオティックという、カテゴリーのラベルを自分に貼られるのは嫌だったと。でも、全くの肩書を外してしまうと、自分がやっている仕事の説明に毎回、膨大な時間が必要になってしまう。そんなジレンマがあったといいます。

今の世の中、たくさんの情報が氾濫しています。インターネットが普及する前に比べて、何十倍、何百倍も、多くなっていることでしょう。
情報が氾濫すればするほど、それに接した人は、一つ一つの情報を吟味することなく、今までの知識で作り上げたカテゴリーの箱に情報をポイポイっと入れて、わかった気になってしまう。

古来種を大事にするということは、F1種が悪いとか、伝統野菜が良いとか、単純にカテゴリーに入れることではなくて、むしろ、品種ごとの、いや、同じ品種でもばらつきが出てくる古来種の野菜たち一つ一つの個性を大事にしてほしいという思いであると思います。

野菜に限らず、自分が食べる食べ物や、衣服など身の回りのモノを購入する際に、便利さや価格の安さだけで決めるような、そういう安易なカテゴライズでの評価をしないでほしいと奥津さんは言います。そういう選択や扱いは、必ず自らの身に還ってくると。

今、企業に使い捨てされる若者の話題が頻繁にメディアに上ります。その若者がどんな性格をしていて、どんないいところがあって、どんな夢をもっているか、とか、そんなことは全然関係なく、単純に作業スピードや時給が低く雇えるかとか、あらかじめ決められた評価軸でカテゴライズされ、比較され、酷使されるのです。
しかし、それは、私たち一人一人が創り出している世界なのですよ。と。おっしゃっていました。

種市にはそんな深い意味があったのですね。

とても感動しました。今もその後遺症は続いていて、ほやーんとしております。

私のおぼろげな記憶なので、実際の発言とは違うのかもしれませんが、私が受け取ったメッセージはこんな感じでした。もっとたくさん、いろいろおもしろいお話があったのですが、もう、お腹一杯、胸一杯。
きちんと消化して、春から、また、畑と田んぼ。頑張りたいと思います。

桑原広樹
by hiruzenkougei | 2014-01-30 02:45 | 藝のつながり
「つくる」
蒜山の冬は3ヶ月間雪の中。
畑には入れないので野菜などをつくることができません。この冬は「くど」をつくっています。

DIYは全くの初心者なので試行錯誤しながらの作業です。
ああしたい、こうしたいと、夢は膨らみますますが実際には理想と現実を行き来しながらコツコツとつくっています。

先は長いなぁと思いながらの作業ですが1日の終わりにすごく満たされた感覚に包まれます。
これってお米や野菜をつくっている時に感じるものと似ています。

くどをつくるにあたって「こだわりたいこと」は果てしなく出てきます。
素材は全部自然素材、サッシは木製サッシでペアガラスもしくはトリプルガラスにしたい。薪ストーブを置いてかまどだってつくりたい。

食べるものをつくるときも、お米や野菜、何種類もたくさんつくって全て自家採種。油も小麦も大豆だって、塩以外はぜんぶつくりたい。

この二つはとても似ています。

こういった時僕たちは田んぼや畑の場合はまずは自然の都合に合わせることを意識します。
そこの気候や土の状況や自分達の力量や機械の有無。
こうしたいという思いに捉われるのではなく、置かれている状況の中でベストを尽くすこと。

くどをつくるにあたって自分たちの基準が定まるまで少し議論もありましたが、きっと同じことなんですね。
少し格好が悪くたっていい。今あるものを使おう。合板も石膏ボードもプラスチックだって、現状として必要なら使おう。でも肌に直接触れるところは無垢にしたり、揮発するものはなるべく避けよう。

今、農作業ではない作業をしていますが「つくる」という点では同じこと。
他の「つくる」を通して自分の中で本当に大切にしたいことが少し太くはっきりしてきたように思います。

「藝」は人が膝まいて植物を植えている姿ですが、その本質は「つくる」ことにあると思います。
僕の尊敬する故・藤井平司氏は人間らしく生きることについて「藝」を引き合いに説明していますが、まさにこれからの大切にすべきことはそこにあるのではないかと改めて思いました。

今週末は「種市」です。
お餅や野菜とちょっとだけ熱い思いを持って東京に向かいたいと思います。


d0262262_2011747.jpg




高谷裕治
by hiruzenkougei | 2014-01-22 20:03 | 考えごと
1/25(sat)〜26(sun) 冬の種市にいってきます!
d0262262_204025.jpg

サユールイトシロの稲倉さんに種を譲っていただいた「石徹白カブ」。
独特の風味がとても美味しい石徹白の在来のカブです。
この日は葉っぱを塩とオリーブオイルで蒸し焼きにして。


岡山で農を営む中、東京でとても気になるイベントがありました。
その名も「種市」。
「日本の種を未来につなぐ」をテーマに、古来種の野菜や生産者さんが集まり、毎回魅力的な方々のトークや、とっても美味しそうな古来種食堂がOPENしたり…と、いつか行ってみたい!イベントでした。


まさかまさか、その「種市」に生産者として参加できるなんて!
嬉しくて、ありがたくて。今からとてもわくわくしています。


1/25(sat)、26(sun)に東京・吉祥寺で開催される「冬の種市」。
私たちは両日キチムで開催される「冬の古来種マーケット」と、26日に開催されるTALK「料理すること、種を継いでいくこと」に参加させて頂くことになりました。


d0262262_21101798.jpg


マーケットには「黒田五寸人参」、種採り2年目のヒメノモチ(もち米)と蒜山の天然水で仕込んだ「丸もち」、もしかしたら自家製小麦のうどん(乾麺)も持って行けるかもしれません。

今の蒜山は雪の中。穫れたての野菜を持って行けないのが残念なのですが、日々私たちが「美味しい」と感じながら食べているものを、東京のみなさんに手渡しできること、本当に幸せに思います。


種のこと。
ふだんあまり意識することは少ないかもしれませんが、種がないと作物をつくることも食べることもできません。

知ること。そして、選ぶこと。
私たちの食卓の幸せは、私たちひとりひとりがつくりあげるものです。
きっとそのヒントが「冬の種市」にはたくさんあると感じています。

私たちも「冬の種市」に参加する、というよりもたくさんのことを勉強、吸収しに行きたいと思っています。

お近くのみなさま、ぜひこの機会に足を運ばれてください。
お会いできますこと楽しみにしております!


高谷絵里香
by hiruzenkougei | 2014-01-19 21:26 | お知らせ
くど日記 〜 2014年のはじまり
d0262262_19281140.jpg


2014年、あけましておめでとうございます。
すっかり遅い新年のご挨拶となってしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


蒜山耕藝としての初仕事は「くどづくり」となりました。

年末に2013年を振り返り2014年の方針を検討していく中で、「くど」を本格的に始動させよう!と決心したのです。
加工場だけは完成したものの、それ以外のスペースをどんな間取りでどんな空間をつくりあげるのか、決心した後もなかなか具体的に進まずにいました。

そんなとき、素晴らしいご縁がありました。
岡山県の西粟倉にある木工房ようびの大島奈緒子さんとの出会いです。

年末に別件ではじめてお会いした日「クライアントさんの無理かもしれないけどこうしたい、というイメージを現実化するのが私の仕事です。」という言葉を伺い、この方に相談したい!と直感的に感じました。
正式に設計をお願いできることになり、年明けからみるみる動き出しています。


一度決心するとどんどん具現化してゆきます。
なんと群馬から大工の棟梁である桑さんのお父さんがスーパー助っ人としてやってきてくれました!

d0262262_1929311.jpg


設計士さんって、職人さんって、本当にすごい!!

想像を超えるスピードでどんどん「くど」が生まれ変わっています。

d0262262_19335626.jpg



この建物にいのちが吹き込まれてゆく様子は本当に感動的です。


d0262262_19382316.jpg


現在はこのようにトタンで覆われたこの建物。
私たちはすべての壁を土壁にしたいと思っています。
私たちにとって一番大切な「土」と「藁」。そのふたつでできている土壁は蒜山耕藝を象徴してくれると思うのです。
春から夏にかけて土をつくり、8月or9月頃「土壁づくりイベント」を企画しています!
みんなで土を投げてわいわい壁をつくることができたら素敵だと思いませんか?


そして、11月にはみなさんに私たちの食卓を体感して頂ける場としてOPENさせたいと思っています。


d0262262_19484132.jpg



2014年、くど、始動です。




高谷絵里香


<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
by hiruzenkougei | 2014-01-11 19:52 | 蒜山の風景