「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
たねのおはなし
初めまして 桑原です。
農園設立に込めた思いは昨日、すべて高谷くんが、お話ししてくれたので
私の初めての出番の今日は、弊農園の種に対する思いについてお話したい
と思います。

d0262262_192250.jpg


画像は千葉時代から大切に自家採種してきた種たちです。
手前の茶色の種が、パンやうどん、小麦粉にして大活躍の「小麦」
その上の小さく黒い粒は「ナタネ」 菜種油を絞るための品種。
その奥が、千葉の地元の人が大切に繋いできた大豆。
最後が師匠から分けていただいた、淡く甘く優しい味の黄色のまくわ瓜。

まだまだたくさんありましたが、そのほとんどを千葉においてきました。

私たちは、自家採種を基本としています。
自然との調和のなかで、野菜やお米を栽培していこうとしている我々にとって
ここ蒜山の気候や土に合った種にしていくためにも、自家採種は必須となっています。

この地で暮らし、そして老い、次の世代に引き継いでいく。
その生活の中で、農産物を栽培する。
種を撒き、花を咲かせ、実を着け、その一生が終わる。そして、また、その次の世代の
種を撒く。種とともに暮らしていく。そんな生活の中で生まれたお米や野菜を食べて
暮らす。それが、私たちが求める最高の贅沢であり、幸せな食事だと思っています。

農協やホームセンター、町の種苗店では、ほとんどの種がF1種(一代交配種)であり
また、一部では遺伝子を直接操作した種も認可されようとしています。
これらの種の危険性については、固定種の種を専門に扱った野口種苗研究所の
野口さんの著書やお店のホームページで詳しく述べられています。

安全性や、環境への影響など、その是非について、私たちは議論に加わるほどの
知識やデータも持ち合わせてはいません。
でも、安全か?危険か?を問う前に、自然の恵みを受け、自然と共存していかなけれ
ばならない。いや、人間という存在も、自然の一部であることを考えれば、どのような
種から生まれた食物を食べた方が心身にとって良いのか、おのずと答えは出ている
気がします。

流通の都合や、規格的な形の揃い、耐病性など、経済性を優先するのか?
種の問題に限らず、私たちの身の回りの事、すべてのことに、共通した選択では
ないでしょうか?
自分の幸せ、本当に満足できる人生を考える。それを考えたとき、持続性の無い
ことや、次世代にツケを残すことが、自分の人生にとって、意味があることなのか?

危険性や、安全性を問題にする前に、そもそも、その技術は本質的に必要なこと
なのか?自然との調和はとれているのか?我々の基本テーマの一つです。

桑原広樹
# by hiruzenkougei | 2012-06-18 21:35 | 考えごと
「藝」に込めた思い 
初回のブログには農園名が決まったことについて、

ここ蒜山 中和に移り住んでから約十ヶ月。
みんなのお腹の中で温めていたものがするりと生まれてきてくれた気がします。

と書きました。

みんなのお腹に入っていたのはたくさんの思いや様々な感情です。

震災、原発事故を受けて自分達が感じたり、考えたこと。
豊かさとは。これからの生き方や暮らし方とは。
私たちが大切にしたいこと、やりたいこと。
自然とは。なぜ農業なのか。

そして、
楽しい、嬉しい、ワクワクするといった感情と
悲しい、辛いといった感情

それらを全部丸ごとお腹の中に入れて、十ヶ月して出て来たのが「蒜山耕藝」です。

出てくるのに十ヶ月かかったものが数日前にするりと出てきたのはデザイナーの前崎さんの力によるものだけど、
お腹の中のものをまとめてくれたのは「藝」という言葉、概念でした。

「藝」の原字は、植物に手を添え土に植えることを意味していると言われています。
つまり、植物を栽培すること、
人間の食べものである植物をつくるということ。
それは太古の昔から人間が暮らしの中で続けてきたことだと思います。

厳しい自然環境の中で人間が生きていくために必要だったもの。
暮らしの中心にあったもの。

その一つが「藝」であると思います。

自然と共に生きることを模索している今、
自然と「調和」するためのヒントが「藝」という概念にあると思っています。

「蒜山耕藝」に「藝」を用いたのはそういう思いがあったからです。

自分達の暮らしを通して、
食べものをつくるという農業を通して、
美しく、調和した世界を目指していきたい

まだまだ力不足な自分達ですが目指しているのはそういう世界です。

毎日の「藝」の中で感じること
農という作業を通して感じること

今後のブログではそういうことを表現できたらと思っています。

以上、ちょっと固めの初投稿でした。



高谷 裕治
# by hiruzenkougei | 2012-06-17 06:56 | 考えごと
雨。豆。
週間予報はずっと雨マーク。
とうとう蒜山にも梅雨が到来するようです。





d0262262_2011436.jpg




写真はご近所のAさんに頂いた小豆。きれい。
ずーっと種を採り続けている小豆をお裾分けしてもらえるなんて、
本当にありがたいことです。

そして写真はないのですが、去年の夏、喜界島を旅していたときに
不思議なご縁で知り合った女性に分けて頂いた白ゴマ。
こちらも長年自然農法で育てられ、種採りを続けてこられた貴重なもの。


今日の男性チームはこの2つの種を畑に蒔きました。
雨が多いと発芽不良を起こしてしまうかもしれない。
そんな不安を抱えつつも、時期的に今日がラストチャンスだったようです。


どうか明日からの雨が恵みの雨となりますように。






★デザイナーの前崎さんが、ご自身のブログで私たちのことを紹介して下さいました。前崎さんの目に映った蒜山の景色。暮らし。とても新鮮に感じて嬉しいです。







高谷絵里香
# by hiruzenkougei | 2012-06-15 20:26 | 野良しごと
自己紹介
d0262262_741551.jpg


蒜山耕藝メンバー

桑原広樹(中) 高谷裕治(左) 高谷絵里香(右)





こんにちは。はじめまして。


私たちは2011年夏、千葉県から岡山県の最北に移住しました。
田んぼと畑に向き合って、日々暮らしています。




ブログタイトルの「ろっかつふてえ」はこのあたりの方言で6月1日。
農作業をお休みする日のことです。
昔は正月礼最後の日ともいわれていたようです。
ほにゃららとしつつ力強い言葉の響きに惹かれました。

農作業の合間に、田んぼのこと、畑のこと、日々の暮らしのこと
お伝えできたらと思います。







d0262262_7463630.jpg








どうぞよろしくお願いします。










高谷絵里香
# by hiruzenkougei | 2012-06-14 07:49 | プロフィール
はじまりの日
本日、2012年6月13日。
「蒜山耕藝(ひるぜんこうげい)」が生まれました。

d0262262_2192085.jpg








私たち 桑原広樹、高谷裕治、高谷絵里香、3人の農園名です。
ここ蒜山 中和に移り住んでから約十ヶ月。
みんなのお腹の中で温めていたものがするりと生まれてきてくれた気がします。









d0262262_2124199.jpg





助産師(!)は前崎成一さん(左)。
福岡に拠点を置かれている素晴らしいデザイナーさんです。
今回この美しい名前をつけて下さいました。
本当にありがとうございます。



「蒜山耕藝」としてどんな歩みが待っているのか。
カエルの声を聴きながら、しみじみと感じ入る梅雨の夜です。



高谷絵里香
# by hiruzenkougei | 2012-06-13 21:38 | プロフィール