「つくる」暮らし
by hiruzenkougei
蒜山耕藝
hiru zen kou gei
蒜山耕藝ホームページ

〒717-0513
岡山県真庭市
蒜山下和2759
TEL&FAX
0867-45-7145
email
info@hiruzenkougei.com


特定商取引法に基づく表示
以前の記事
2015年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
最新の記事
新しいWEBサイトへ引っ越し..
at 2015-10-20 13:35
blog更新しています。
at 2014-09-24 22:32
7月26日(SAT) NAP..
at 2014-07-24 23:26
みんなで土壁を塗りました!
at 2014-07-23 22:57
ケの食卓 2014年初夏
at 2014-07-18 23:49
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
奥出雲牧場へ
d0262262_2124944.jpg


蒜山でも見つけました。ふきのとう。
昨日の雪でまた埋もれてしまいましたが、少しずつ、着実に、春が近づいています。


冬は雪で閉ざされる蒜山はオンオフがとてもハッキリしています。
農閑期である冬の楽しみのひとつは会いたい人に会いに行くこと。
今週も素敵な出会いがたくさん。


d0262262_21354337.jpg


タルマーリーのカフェで頂いてその美味しさと溢れる生命力にびっくりした、奥出雲牧場の牛乳。
イル・リコッターロの竹内くん夫妻が奥出雲牧場の成瀬さんに会いに行くと聞き、私も行きたい!と同行させて頂きました。

小雨の降る中牧場を案内して頂きました。
牧草地とその後ろの山。全貌を見渡す事ができない位広い牧場でのびのび暮らしている牛たち。
その穏やかな表情としっかりとした体つきで、どんなに健やかに暮らしているのかが伝わってきます。

成瀬さんにいろいろなお話を伺ったのですが、一番印象に残ったのが「農地をつくるのには時間がかかる」ということ。
酪農家である成瀬さんからこの言葉が出てくるということに驚き、とても感銘を受けました。
成瀬さんはいかに牛たちが健やかに暮らしているかということを最優先にされています。
牛が食べる牧草も肥料や農薬を使わず、そして購入した種を蒔くこともせず、その土地にある草を移植して増やしていくのです。
牧草地を自然に広げていくために、長い長い年月をかけて牧場を作り上げていらっしゃいます。

成瀬さんのお話を伺いながら、ついつい結果を早く求めてしまいがちな自分に気がつきました。


こうしたい、ああしたい、ではなく、自然に沿って農を営むには今どうするべきか。


春を前にとても大切なメッセージをいただきました。



高谷絵里香



<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
# by hiruzenkougei | 2014-03-22 21:24 | 藝のつながり
くど日記 〜 「土」と「食卓」と「蒜山耕藝」
d0262262_1857406.jpg

夜のうちに降った雪。朝日の中でこんな風にキラキラ輝いています。
今年は3月に入ってからも雪がよく降ります。
春が遅く、農作業はなかなかスタートできませんが、そのかわりに「くどづくり」が着実に進んでいます。


諸事情により2階の部屋を急ピッチで仕上げています!
今日は床はり。
地元の材木屋さんで無垢の杉板を用意して頂きました。


d0262262_1944821.jpg


d0262262_195613.jpg


できるところはなるべく自分たちの手を動かしてつくること。
これも「くど」の大切なコンセプトです。


d0262262_19658.jpg




先日、くどの設計をお願いしている木工房ようびの大島さん夫妻、蒜山耕藝のデザインすべてをお願いしているDesign studio SYUの前崎さんと「くど」会議を行いました。


みなさんの力を借りて、「くど」の輪郭がよりハッキリとしてきました。

「土」と「食卓」と「蒜山耕藝」。

あの建物の中でふんわりと立ち上る湯気や、炊きたてのごはんの匂い。
畑からつづく食卓で、お皿にのぼる野菜たち。
珈琲豆をミルで砕く音。
遠くで暮らす誰かのもとへ梱包する作物。
寄り添う手紙。
「美味しいね」の笑い声。

ハッキリと感じられるようになってきました。



d0262262_19413086.jpg


床をはり終わると、建物が生き生きと笑っているのを感じました。
喜んでくれている!


今はまだがらんとした空間ですが、これからここに集まるであろうあれこれを思い、胸がいっぱいに。
どんどん「くど」に命が吹き込まれてゆきます。


高谷絵里香



<蒜山耕藝Facebookページ>
blogではお伝えできない日々の小さな出来事や、タイムリーなお知らせをUPしています。 →
# by hiruzenkougei | 2014-03-15 19:49 | 蒜山の風景
遠くて近い雪解け
あの日から3年の月日が過ぎました。

3月11日は過ぎ去った出来事を思い出す記念日ではありません。

あの日以降、表に出てきた、たくさんの社会の矛盾、問題は、揺れを感じた場所、そうでない場所区別なく、日本人全員の肩にのしかかったままです。

今日、私たちの住む蒜山はこの冬(暦の上では春ですが。。。)一番の積雪となっています。
d0262262_137891.jpg

3月に入ってもあまり溶けていなかった根雪の上に、さらに昨日から一昼夜降り続いた雪が積もり、積雪は1メートルを超えている場所もあります。

わたしたち蒜山耕藝の春は、ビニルハウスでナスやトマトなどの苗づくりから始まるのですが、この積雪で予定よりも2週間以上遅れることになります。

例年に無い、この雪と寒さも自然のリズム。多少、夏野菜の収穫開始が遅くなるかもしれませんが、それが今年のタイミングなのかもしれません。

春が来ない年はありません。その時が来るまで焦らず、機が熟すのをじっくり待つことにしましょう。

こんな時は「くど」の改修工事です。一週間、パン屋タルマーリーがお休みということで、タルマーリー研修生の「きっくん」と「たっくん」が泊まり込みで数日間、助っ人に来てくれました。
d0262262_1542416.jpg

丸ノコ捌きが「さま」になっているのがきっくん
d0262262_1553979.jpg

かなり怪しい風体のたっくん(こんな写真しかなくてごめんね)

夜は連日、一升瓶を転がしながら、私たち蒜山耕藝のメンバーと勉強会という名の宴会。

これから社会に出ていく二人と、これからの生き方、社会の中での自分の立ち位置など、若者らしいお話がたくさんできました。いつも思うのですが、今の若い人たちは、本当によく勉強しているし、社会のこと深く考えていると思います。おじさんはとても頼もしく感じています。

きっくん、たっくん、お疲れさまでした。ありがとう。
きっと日本は、世界は、よくなります。大丈夫。
d0262262_2102365.jpg

春が来ない年はないのですから。

桑原広樹
# by hiruzenkougei | 2014-03-11 02:13 | 蒜山の風景
雪の森歩き
田んぼや畑で作物をつくる上でも最も意識するのはやはり「土」。

でも蒜山に来てから少し考えが変わった、というか少し視野が広くなったような気がしてます。

暮らしの中でも農作業中でもまわりの景色を見ると美しいな〜とよく思うのです。

とても気分が良くて爽やかな気持ちになって、
その時に足下を見ると土の上には凛とした野菜の姿があることに気づきます。

植物はその場から移動しないので「土」というのが重要になるけれど、その「土」と同じくらい周りの環境が大切なのではないかと景色を見てはっとする度に思えてくるのです。

植物はいつもここから感じているのですから。

そういうこともあって、蒜山に来てから周りの環境のことをもっと知りたくて「真庭・トンボの森づくり推進協議会」に参加をさせて頂いています。

先日、その活動の一環として雪の森を歩いてきました。
目的はトンボの森とビオトープのルート探索。

普段は笹が生い茂っているため歩行は困難ですが雪の上ならばスノーシューを履いてすいすい歩けます。
d0262262_21522734.jpg

途中、バブル崩壊前に掘り当てられた温泉があったり(今も20度ほどの冷泉が出ていました!)
d0262262_2152436.jpg

珍しくて可愛らしいニホンリスと思われるフットスタンプがあったりしてとても楽しい森歩きとなりました。
d0262262_2153777.jpg

残念ながら目的であるトンボの森とビオトープのルートは距離が想像以上に長過ぎて遊歩道をつくる話は一度白紙に戻ることになりましたが、森のことや地域の歴史のことを話しながらの今回の体験は個人的に非常に価値あるものとなりました。

ここで暮らしている人間としても、
農業者としてここで農業を営む者としても、
もっともっと自然のことを知りたいと思えてきます。

春になって農作業に追われだしてもこの気持ちは忘れないようにしたいです。

今年の雪解けはだいぶ遅くなりそうです。
雪が解けたら「雪下人参」の収穫からのスタートです。
あまりネズミに食べられていないことを祈ります!!



高谷裕治
# by hiruzenkougei | 2014-03-05 23:22 | 蒜山の風景
IL RICOTTARO wedding party!!
d0262262_11261424.jpg


d0262262_11265017.jpg


d0262262_11252552.jpg


d0262262_11244821.jpg


d0262262_11335559.jpg


d0262262_11355961.jpg


d0262262_1135817.jpg


d0262262_1123334.jpg


d0262262_11364060.jpg


d0262262_1274860.jpg


d0262262_1124416.jpg


先週末私たちの大切な友人であり、尊敬する生産者でもある竹内さん、なおちゃんのwedding partyがありました。


蒜山でチーズ農家を営み、「IL RICOTTARO」というカフェも開かれている彼ら。
(以前のブログはこちら →  )


ご自身のお店で開かれたpartyはそれはそれは温かく幸せな空気に満ちていました。
花嫁なおちゃんのアイディアで雪の中にろうそくを灯したり、参加者みんなで花を飾り付けたり。

お料理やお酒はオカズデザインのお二人が担当!心のこもった美しい一皿一皿に、会場のあちこちからため息がこぼれていました。

竹内さんがつくられたチーズや天然酵母のパン。
竹内さんが懇意にされている牧場からこの日のために豚を半頭頂いて、オカズデザインさんが丁寧に余すところなく美味しくお料理してくださって。
口に入れたときのみんなの幸せな笑顔と言ったら。
「おいしいね〜。」と顔を見合わせる瞬間の積み重ねが、何より平和で幸せな時間でした。
オカズデザインさんたちはお肉だけでなく、野菜もワインも竹内さんのように誠実な日本のつくり手の方々の食材をセレクトされていて、そんな中に私たちのにんじんやうどんも使っていただけたこと、心から誇りに思いました。

ケーキは蒜山で暮らす綾夏ちゃんの心のこもった手づくりケーキ!
真っ白に光る、愛があふれる優しいおいしさのケーキでした。


「いのち」と向き合い、だからこそ本当に美味しいチーズづくりを追求されている竹内さん。
そんな竹内さんらしい素晴らしい食卓だったとしみじみ感じています。


改めまして、本当に本当におめでとう。

これからもふたりに恥じない生産者であろうと心に強く誓いました。



高谷絵里香
# by hiruzenkougei | 2014-02-26 13:19 | 藝のつながり